メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

心理学

関連キーワード

  • 笑い療法士(2017年01月31日 朝刊)

    医師や看護師、学者など医療関係者でつくる「癒しの環境研究会」(事務局・東京)が2005年から設けた認定資格制度。書類選考を経て、患者心理学や脳の解剖学など2日間の講習後、リポートで合格すれば認定される。今年3月からは第13期生の募集が始まる。詳細は同研究会のホームページ(http://www.jshe.gr.jp/)で。問い合わせは電話(03・6805・9921)かファクス(03・6805・9926)。

  • 横浜市の生活保護制度(2010年03月16日 朝刊)

    横浜市のケースワーカー(CW)は政令指定市で唯一、社会福祉職という専門職員が務めている。大学などで心理学など必要科目を履修して得る社会福祉主事の資格が採用条件。新年度のCW増員は、児童相談所、障害者施設など他部署にいる社会福祉職の異動で確保する。5年前の05年4月、3万4358の受給世帯に対しCWは411人だった。今年2月現在、受給世帯は27%増えたが、CWは13%増にとどまっている。

  • 児童福祉施設(2011年01月21日 朝刊)

    官民両方があり、さまざまな理由で親と一緒に暮らせない子どもが入所する。児童養護施設は全国約570カ所で約3万人が暮らす。職員は保育士や大学で心理学や教育学などを専攻した児童指導員など。ほかにも乳児永全国約120カ所、約3100人入所)、不良行為などをした子どもが入所する児童自立支援施設(同58カ所、約1800人)などがある。里親に委託されている子も約4千人いる。

最新ニュース

写真・図版

学業と両立、どうする? 早大・羽生は通信教育 関大・宮原は休学(2018/1/19)

 来月9日に開会式がある平昌(ピョンチャン)五輪のフィギュアスケート日本代表は、シングル5人全員が学生だ。練習環境も十分に整わない中で、学業との両立に苦心している。欧米では以前から学生選手の支援体制作…[続きを読む]

写真

  • カナダでの生活について語る羽生結弦=2017年8月
  • 公開練習でカナダでの生活について語る羽生結弦=2017年8月、カナダ・トロント
  • 鏡に映ると別の形に見える錯覚アート=南魚沼市の池田記念美術館
  • 台北支局の隣にある学習塾。小学生が算数を学んでいた=台北、西本秀撮影
  • 岩男寿美子さん
  • 岩男寿美子さん
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ