メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

恵庭市

関連キーワード

  • 恵庭女性殺害事件(2014年04月20日 朝刊)

    2000年3月、恵庭市の市道で女性会社員(当時24)の焼けた遺体が見つかり、同僚の大越受刑者が逮捕、起訴された。札幌地裁は03年3月に懲役16年(求刑懲役18年)の判決。控訴・上告したが棄却され、06年9月に確定した。判決は、大越受刑者が被害者の首を何らかの方法で圧迫して窒息死させ、遺体に灯油をかけて焼いたと認定。直接的な証拠はなかったが、交際相手の男性を被害者に奪われて悪意を抱いたことが動機とするなど、状況証拠に基づいて判断した。

  • 衆院道5区(2016年03月14日 朝刊)

    衆院道5区は札幌市厚別区、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村の8市区町村からなる。都市部から農業地帯まであり、自衛隊の駐屯地も置かれているなど、選挙関係者から「北海道の縮図」とも言われる。小選挙区制になった1994年以降8回の総選挙と補選で、故・町村信孝氏は7回当選した。民主は政権交代を果たした09年に町村氏を破り、14年の前回選挙では民主と共産の得票合計は町村氏の得票とほぼ並んだ。

  • 恵庭女性殺人事件(2013年12月27日 朝刊)

    2000年3月17日、恵庭市北島の路上で、苫小牧市の会社員橋向香さん(当時24)の焼けた死体が見つかり、元同僚だった大越美奈子受刑者が殺人などの容疑で逮捕、起訴された。目撃証言などの直接証拠がなく、大越受刑者は捜査段階から一貫して犯行を否認。一審・札幌地裁は幾つかの状況証拠から殺害方法や場所を特定しないまま有罪認定し、懲役16年を言い渡した。札幌高裁、最高裁も一審判決を支持し、確定した。

最新ニュース

北海道の不動産投資マッチングサービスが正式稼働!地方の収益物件紹介に融資可能な金融機関も提案(2018/6/19)

不動産投資専門のパーフェクトパートナー株式会社(本社:北海道恵庭市、代表取締役:末岡 由紀)は、北海道を中心とした地方の収益物件の紹介と、それに融資可能な金融機関を提案する不動産投資マッチングサービス…[続きを読む]

恵庭市をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ