メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

悪性リンパ腫

関連キーワード

  • 原発作業員の労災認定(2012年01月21日 朝刊)

    厚生労働省(旧労働省)が1976年、白血病、白内障、急性放射線症などについて労災の認定基準をまとめた。心筋梗塞(こうそく)など基準がない病気の場合、医師らによる検討会で因果関係が認められれば、認定される可能性がある。同省によると、76年以降、原発作業員で労災認定されたのは11人。うち6人が白血病、3人が悪性リンパ腫、2人が多発性骨髄腫だった。

  • 小児がん(2016年07月05日 朝刊)

    白血病、脳腫瘍(しゅよう)、神経芽腫、悪性リンパ腫など、子どもがかかるがんの総称。国立がん研究センター小児がん情報サービスによると、増殖が速いが、大人のがんに比べて化学療法や放射線療法の効果が極めて高い。医療の進歩により、現在では7〜8割が治るようになってきたという。

  • 小児がん(2018年02月04日 朝刊)

    白血病、悪性リンパ腫など、子どもがかかるがんの総称。国立がん研究センター小児がん情報サービスによると、年間2千〜2500人の子ども(15歳未満)が診断されている。子ども1万人に1人の割合。医療の進歩で治癒率は向上している。子どもが過剰に不安にならないよう、病気のことを伝えることも大切とされる。成人後も含めて長期間フォローアップするため、小児がん専門の看護師の配置などが求められている。

最新ニュース

写真・図版

元組員の牧師、少年受け入れ施設「ただいま言える家を」(2018/4/21)

 海が見える家で待ってるよ――。暴力団から離れ、少年たちの立ち直りを支援してきた牧師がいる。血液のがんとの闘病を経て先月、新たな受け入れ施設を開いた。「安心して『ただいま』と言える場所を」との思いを込…[続きを読む]

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ