メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 憲法改正(2013年07月23日 朝刊)

    憲法96条では、憲法改正の要件として、衆参各院で総議員の3分の2以上の賛成で発議し、国民投票で過半数が賛成することと定めている。安倍晋三首相は改憲の入り口として、発議要件を衆参の「3分の2以上」から「過半数」の賛成に緩和する改正を掲げる。

  • 憲法改正への動き(2010年06月24日 朝刊)

    憲法改正の手続きを定めた国民投票法は法制定から3年間の準備期間が設けられ5月18日に施行された。しかし、憲法改正原案を議論する憲法審査会は休眠状態で国会の議論は進んでいない。参院選を控えた各党のマニフェストでは、民主党は改憲にはふれず、自民党は憲法審査会を始動させて憲法論議を行うこと、憲法改正原案の国会提出をめざして憲法改正に取り組むことをうたっている。

最新ニュース

現代のスルタン求めた トルコ・エルドアン氏、対欧州・低所得者対策に支持(2017/4/24)

 憲法改正の是非を問う国民投票で賛成が過半数を占めたトルコ。2019年に予定される大統領選の勝者は、絶大な権力を手にすることになった。現時点で最有力とみられるのは、親イスラム与党・公正発展党(AKP)[続きを読む]

写真

  • 国民投票終了後、改憲賛成派の勝利を確信してトルコ国旗を振る賛成派=16日夜、イスタンブール、杉本康弘撮影
  • 女子100メートルバタフライでも優勝し5冠を達成した池江璃花子
  • 金成日さん=尼崎市
  • トルコ・イスタンブールで17日、賛成過半数となった国民投票の結果に反発する反対派の人々。プラカードには「反対 勝つのは我々だ」と書かれている=AP
  • 国民投票の翌日、街中では「賛成」を呼びかけるエルドアン大統領のポスターが掲げられたままだった=17日午後、トルコ・イスタンブール、杉本康弘撮影
  • 「パノプティコン」とは
  • 勝利を確信し、旗を振って喜ぶ憲法改正賛成派の人々=16日夕、トルコ・イスタンブール、杉本康弘撮影
  • 改憲賛成派の勝利宣言をし、支持者の声援に応えるエルドアン大統領=16日夜、トルコ・イスタンブール、杉本康弘撮影
  • 改憲賛成派の勝利宣言をし、支持者の声援に応えるエルドアン大統領=16日夜、トルコ・イスタンブール、杉本康弘撮影
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】視界に浮かぶスクリーン

    新型スマートグラス

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】砂漠の架空都市と巨大アート

    BURNING MAN

  • 【&w】真夜中に本を開いて旅をする

    眠らないホテルのブックカフェ

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA宇宙飛行士ただいま訓練中

    油井亀美也さんがリポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ