メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

成田空港

成田空港

関連キーワード

  • 成田空港に関する四者協議会(2015年09月16日 朝刊)

    成田空港について重要な事項を決定する際に、国、県、空港周辺9市町、成田国際空港会社が協議する場。2001年5月、堂本暁子前知事が提唱して第1回が開かれた。これまでに15回開かれ、B滑走路の2500メートル化、年間発着枠30万回への拡大、離着陸制限時間の緩和などの問題を話し合ってきた。

  • 成田空港機能強化をめぐる見直し案(2017年06月14日 朝刊)

    12日開催の協議会で示された。2020年の東京五輪・パラリンピックまでに、A滑走路の運用時間を1時間延長し、現行の「午前6時〜午後11時」を「午前6時〜翌日午前0時」に。やむを得ない場合は30分間延長する。3本目のC滑走路が完成した後は、「午前5時〜午後11時」と「午前6時半〜翌日午前0時半」の2パターンを滑走路別に採用する「スライド運用」を導入。空港全体の運用時間を「5時〜翌日0時半」とする。飛行経路ごとに6時間の「静穏な時間」を確保したうえで、昨秋に示した当初案の「午前5時〜翌日午前1時」に近づけた。

  • 成田空港の離着陸制限時間(2013年02月05日 朝刊)

    1971年、国は午後11時〜午前6時は航空機を発着させないと地元に約束。78年の開港以来、急病人の搬送など人道上の理由以外は発着を認めてこなかった。だが、昨夏就航した格安航空会社が「門限」に間に合わず欠航が続出。国と空港会社は昨年12月、悪天候の場合などに制限時間の前後1時間以内の発着を認める案を示し、早期の合意・実施をめざす。

最新ニュース

写真・図版

Around Tokyo(2018/2/20)

 ■小田急が見学会@相模原 小田急電鉄は3月27日、「大野総合車両所」(相模原市)で小学生と保護者向けの見学会を開く。約20トンの通勤車両をクレーンで引き上げる様子を見たり、特急ロマンスカーの運転席で…[続きを読む]

成田空港をコトバンクで調べる

写真

  • 小田急が見学会@相模原
  • 京阪・枚方市駅の改装イメージ図=京阪電鉄提供
  • ソチ五輪後に、インタビューに応じる平野歩夢選手
  • 家族や親類が集まって餅を丸めるホリタ家の人たち
  • 平昌五輪、日帰りできるか検証①
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ