メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

成田空港

成田空港

関連キーワード

  • 成田空港に関する四者協議会(2015年09月16日 朝刊)

    成田空港について重要な事項を決定する際に、国、県、空港周辺9市町、成田国際空港会社が協議する場。2001年5月、堂本暁子前知事が提唱して第1回が開かれた。これまでに15回開かれ、B滑走路の2500メートル化、年間発着枠30万回への拡大、離着陸制限時間の緩和などの問題を話し合ってきた。

  • 成田空港機能強化をめぐる見直し案(2017年06月14日 朝刊)

    12日開催の協議会で示された。2020年の東京五輪・パラリンピックまでに、A滑走路の運用時間を1時間延長し、現行の「午前6時〜午後11時」を「午前6時〜翌日午前0時」に。やむを得ない場合は30分間延長する。3本目のC滑走路が完成した後は、「午前5時〜午後11時」と「午前6時半〜翌日午前0時半」の2パターンを滑走路別に採用する「スライド運用」を導入。空港全体の運用時間を「5時〜翌日0時半」とする。飛行経路ごとに6時間の「静穏な時間」を確保したうえで、昨秋に示した当初案の「午前5時〜翌日午前1時」に近づけた。

  • 成田空港の離着陸制限時間(2013年02月05日 朝刊)

    1971年、国は午後11時〜午前6時は航空機を発着させないと地元に約束。78年の開港以来、急病人の搬送など人道上の理由以外は発着を認めてこなかった。だが、昨夏就航した格安航空会社が「門限」に間に合わず欠航が続出。国と空港会社は昨年12月、悪天候の場合などに制限時間の前後1時間以内の発着を認める案を示し、早期の合意・実施をめざす。

最新ニュース

写真・図版

群馬)伊香保の法水寺、800人集まり玉仏開眼式(2017/10/22)

 来春に開山する佛光山法水寺(渋川市)で21日、玉仏の開眼式があった。同寺は台湾に総本山があり、各国に信者がいる。この日も海外から多くの人が訪れており、外国人誘客に力を入れる地元関係者も観光客が増える…[続きを読む]

写真

  • 開眼式の様子。奥がこの日お披露目された玉仏=渋川市伊香保町伊香保
  • 第1エンジン(手前側)に高温表示が出たため、緊急着陸したデルタ航空38便=成田空港
  • 西川信廣さん
  • 桃田賢斗
  • オランダから帰国し、スーツ姿で取材に応じる桃田賢斗
  • デヴィ夫人
  • 同僚の声援を受けて荷造りを進めていく=成田空港
  • 『海辺の週刊大衆』の舞台あいさつに登壇した又吉直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 世界各地の人々が交流した「ツーリズムEXPOジャパン2017」
  • 綾部祐二のインスタグラムより
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ