メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 幇間(2015年11月06日 朝刊)

    男芸者として宴席で客の相手をしながら、芸で座を盛り上げる。戦国武将の話し相手を務めた「御伽衆(おとぎしゅう)」が始まりとも言われる。岐阜の幇間は1人。全国でも数少ない。「長良川鵜飼(うかい)」の舟に乗り込んで舟遊びを盛り上げる岐阜市の芸舞妓は明治以来の伝統があり、喜久次さんは幇間として伝統を受け継ぐ。

  • 宇喜多秀家(1572—1655)(2010年10月11日 朝刊)

    備前とその周辺を統一した宇喜多直家の嫡男として生まれた。岡山城や旭川を整備し、現在の岡山の基礎をつくったことで知られる。徳川家康や前田利家らとともに豊臣五大老に選ばれ、関ケ原の戦いでは西軍の主力として戦った。瞳が大きく、鼻筋の通った肖像画が残っており、「イケメン戦国武将」として人気を集めている。

  • 細川幽斎(1534〜1610)(2010年11月18日 朝刊)

    室町時代の将軍家に仕えた後、織田信長に従って頭角を現した戦国武将。古今和歌集の奥義を伝える「古今伝授」の継承者で、茶道や能などにも通じた当代随一の文化人としても知られる。加藤家の改易を受け、1632年に孫の忠利が熊本藩主となった。

最新ニュース

宝泉院(2017/3/28)

 書院は江戸中期ごろ再建で、廊下の「血天井」は戦国武将・鳥居元忠自害の跡という。庭には樹齢700年の老松も・茶室「日新庵」     ◇京都バス「大原」[続きを読む]

写真

  • 日新庵広間茶室
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』金ピカのよろいで目立ちまくりの松平元康(阿部サダヲ)(C)NHK
  • 現在のメンバー(徳川家康と服部半蔵忍者隊事務局提供)
  • 旭川沿いに店が集まる京橋朝市。午前6時ごろ、空が次第に朝焼けに染まり始めた=岡山市北区京橋町
  • 武田信玄に扮して登場した武藤敬司 (C)ORICON NewS inc.
  • 「曜変天目茶碗」と鑑定された茶碗=テレビ東京で昨年12月20日に放送された「開運!なんでも鑑定団」から
  • 「曜変天目茶碗」と鑑定された茶碗=テレビ東京で昨年12月20日に放送された「開運!なんでも鑑定団」から
  • 『雨天の盆栽』(1)
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】魔よけ?お守り?

    妖怪好きにオススメの印鑑

  • 【&TRAVEL】オススメ旅の便利グッズ

    おとな女子のひとり旅

  • 【&M】新型「BMW5シリーズ」

    ビジネスアスリートに〈PR〉

  • 【&w】「株式会社」って?

    きんゆう女子。お金の学校

  • ブック・アサヒ・コム「誰にも読まれなくていい」

    西村賢太の新作は新境地か

  • WEBRONZA「総理から寄付」何が問題か

    「安倍総理の寄付金」の本質

  • 写真

    ハフポスト日本版 「笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル」

    イチローの個性的なTシャツ集

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ