メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

抗がん剤

関連キーワード

  • がんペプチドワクチンと有害事象(2010年10月15日 朝刊)

    手術、放射線、抗がん剤に次いで、がんの標準治療法となることが期待される免疫療法の一種。東大医科研で開発されたワクチンは、がん細胞や、がん細胞に栄養を送る血管に含まれるたんぱく質の断片(ペプチド)を、一つないし複数投与して患者の免疫力を利用し、がん細胞を攻撃する仕組み。有害事象は、医薬品を投与された患者や被験者に起きるあらゆる好ましくないできごとを指し、薬との因果関係の有無を問わない。

  • 骨髄異形成症候群(2010年12月15日 朝刊)

    骨髄で血液細胞をつくる造血幹細胞に異常が起きる病気。放射線や抗がん剤などが原因とされ、血球や血小板の形や機能などに異常を起こす。高齢者の発症が多く、貧血などの症状があり、血液検査で見つかることが多い。患者の10〜40%が白血病に進行するとされる。今年、日本でも治療薬が処方できるようになった。

  • 林原(2013年10月03日 朝刊)

    水あめ製造の「林原商店」として1883年に創業。抗がん剤インターフェロンや多機能糖質トレハロースの量産化に成功し、岡山を代表する企業に。美術館や類人猿研究、恐竜化石の発掘などの文化事業にも取り組んだ。会社更生法の適用を申請後、スポンサーに化学品専門商社の長瀬産業(大阪市)が決まり、林原は同社の子会社になった。買収額は700億円。本社があったJR岡山駅南側の土地はイオンモール(千葉市)に売却された。

最新ニュース

写真・図版

相関関係と因果関係の違いに注意(2017/9/21)

 医学・医療の領域で、その情報の信頼性を判断するには、どのような研究デザインで検証されたかが重要です。今回は、そのなかでも調査方法が「現在」から「未来」に向かう「コホート研究」について取り上げます。 …[続きを読む]

写真

  • 健康・医療情報の信頼性
  • リーグ優勝し、菊池涼介選手(右)と肩を組みながら、スタンドへあいさつに向かう赤松真人選手(中央)=18日、甲子園球場、上田潤撮影
  • リーグ優勝し、菊池涼介選手(右)と肩を組みながら、スタンドへあいさつに向かう赤松真人選手(中央)=18日、甲子園球場、上田潤撮影
  • 本田真穂さん
  • 医療費は伸び続けるが、それをまかなう税収や給与は増えていない
  • 医療費は伸び続けるが、それをまかなう税収や給与は増えていない
  • 医療費は伸び続けるが、それをまかなう税収や給与は増えていない/14年度内訳は…/医療費の個人負担は低く抑えられている
  • オプジーボ
  • オプジーボ
  • 健康・医療情報の信頼性
  • 自らが手がけた庭に立つ手嶋真二さん=下関市菊川町
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ