メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 札幌医大病院の院内感染問題(2010年04月01日 朝刊)

    同病院高度救命救急センターで、2006年9月から07年6月に入院した患者13人から抗生物質が効きにくい多剤耐性緑膿菌(MDRP)が検出され、60〜70歳代の重症患者5人が死亡した。08年2月、同病院が公表した。当初、病院側は「原因は院内感染とは考えにくい」としたが、同年4月の外部の専門家を含めた調査では(1)06年9月〜08年1月に重いやけどなどで入院した23人が保菌者や感染者でうち8人が死亡(2)8人中5人はMDRP感染が原因とは考えられない(3)残る3人は病状悪化や死因の可能性が否定できない、とした。

  • 多剤耐性緑膿菌(2014年01月07日 朝刊)

    普通の生活の場や人の腸内などどこにでもいる緑膿菌が、抗生物質など複数の薬への耐性を身につけた状態になったもの。高齢や病気で免疫機能が落ちた患者に、敗血症や肺炎などを引き起こす。健康な人は感染しても問題ないが、別の人にうつす可能性がある。

  • 耐性菌(2016年06月26日 朝刊)

    抗菌薬(抗生物質)の使い過ぎや、菌がまだ体に残っているのに服用をやめるなど不適切な使用が原因でできる。複数の薬が効かなくなると多剤耐性菌と呼ばれ、治療の選択肢が限られてくる。MRSAのほかにバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)や多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)などがあり、院内感染が広がる原因になることでも知られる。

最新ニュース

“顧みられない熱帯病”マイセトーマ(Mycetoma:菌腫)の 臨床試験がスーダンのハルツーム大学菌腫研究センターで開始―2017年5月9日、臨床試験の最初の対象患者の登録が行われました―(2017/5/29)

顧みられない患者さんの中にあって最も顧みられないマイセトーマの患者さんのために 切望される有効で安全かつ手ごろな価格の根治治療法を目指して約1年前の2016年5月28日、WHOにより「顧みられない熱帯[続きを読む]

写真

  • 伊藤貴章さん 田村クリニック副院長(泌尿器科)
  • 伊藤貴章さん  
  • 戦時中のペニシリン精製作業=静岡県の森永三島食品工場で(森永製菓提供)
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の顕微鏡写真=弘前大学提供
  • 林礼人さん
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】土屋鞄製造所の鞄職人レポ

    予約で売り切れる鞄の正体は?

  • 【&TRAVEL】海上の特等席で花火大会を

    飛鳥Ⅱ人気クルーズ

  • 【&M】より人物の内面にも迫る

    『ジャパニーズダンディ』続編

  • 【&w】作家・朝吹真理子さんが語る

    アクリス〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA福島の被曝線量どう評価する

    過小評価される3要因

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ