メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

拒否権

関連キーワード

  • 米国の立法過程(2008年10月01日 朝刊)

    法案は各委員会に送られて審議され、上陰下院の本会議に上程される。同じ法案でも、修正などを受けた結果、上陰下院を通過した内容が異なることもある。その場合は、両院協議会で妥協案をまとめ、上下両院で再び採決する。両院で可決された法案に大統領が署名すれば法律として成立する。大統領は拒否権を持つが、両院が3分の2以上の多数で再可決すれば成立する。

  • 米大統領(2009年01月21日 朝刊)

    国家元首のほか、軍最高司令官や行政府の長、外交の最高責任者を務める。法案の拒否権や戦争遂行権限など絶大な権限を有する。任期は4年。再選は1度だけ可能。資格は米国民として生まれ、満35歳以上で米国に14年以上居住していること。現職が死亡や辞職、弾劾解任などの場合は副大統領が昇格し、残りの任期を務める。

  • 再議権(2010年03月27日 朝刊)

    地方自治法が定めている議会に対する首長の拒否権。条例の制定や改廃、予算に関する議会の議決に異議がある場合、首長は審議のやり直しを求めることができる。議会の議決の送付を受けた日から10日以内に首長は臨時会を招集する。再議に付された議案の可決には出席議員の3分の2以上の賛成が必要で、過半数で決する一般議案よりハードルは高い。

最新ニュース

PTA続く模索 解決を目指す試み各地で 新たな課題も(2017/8/7)

 フォーラム面では、2015年春のシリーズ「『PTA』どう考えますか?」を皮切りに、PTAのあり方についてみなさんと考えてきました。十分な説明がないまま会員になっていたり、活動を強制されたりといった問[続きを読む]

写真

  • 朝日新聞デジタルのフォーラムアンケート
  • 東京都小学校PTA協議会の「PTA実態調査2016」
  • 米ロ関係の改善、暗礁に
  • インタビューに応じる金容徳・元韓国金融監督委員長=6月21日、ソウル、武田肇撮影
  • 韓国経済をめぐる主な出来事
  • EUの理念と東欧2国の指導者の政策との違い
  • IMFの仮想通貨「特別引き出し権(SDR)」の構成通貨に中国の人民元を正式に組み込むにあたりコメントするラガルド専務理事=昨年9月、五十嵐大介撮影
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ