メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

指揮者

関連キーワード

  • メンデルスゾーン(2009年02月13日 夕刊)

    19世紀のドイツの作曲家。通称「メンコン」と呼ばれるバイオリン協奏曲や結婚行進曲で知られる劇音楽「真夏の夜の夢」などほのかな叙情を漂わせた曲を多く作った。「マタイ受難曲」を演奏するなど指揮者・オルガン奏者としてバッハの復興にも貢献した。1847年没。

  • ドラムメジャー(2011年10月13日 朝刊)

    マーチングバンドの指揮者の呼称。行進のときバンドの先頭を歩き、バトンを上下させて、曲のリズムを示したり、演奏者の隊列に対して方向転換の合図を出したりする。空中に飛ばしたバトンをキャッチするなどの技を披露することもある。

  • アンサンブルコンテスト(2012年02月07日 朝刊)

    出場団体は木管や金管、打楽器で構成され、人数は3〜8人。少人数のため、一人ひとりの音が目立つ。演奏時間は5分以内で、独立した指揮者は立てないなど細かい決まりがある。関西アンサンブルコンテストには60団体が参加し、全国大会がない小学校の部を除いた7団体が3月20日に三重県文化会館(津市)である第35回全日本アンサンブルコンテストに出場する。

最新ニュース

写真・図版

北海道)北斗市立上磯中3年連続金賞 全日本吹奏楽コン(2017/10/22)

 名古屋市の名古屋国際会議場で21日にあった第65回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)中学校の部に北海道支部代表として道内から2団体が出場した。北斗市立上磯は後半の部で3年連続…[続きを読む]

指揮者をコトバンクで調べる

写真

  • 演奏する北斗市立上磯中=21日、名古屋市熱田区、金子淳撮影
  • 全国大会に向けた調整に取り組む四国大吹奏楽部=徳島市応神町
  • くるり (okmusic UP's)
  • コンクールを前に熱のこもった練習をする東海大札幌吹奏楽部の生徒たち=札幌市南区
  • 第35回『サントリー1万人の第九』で父・哲家氏(右)と“共演”する小栗旬
  • 見事に差し上げられた太鼓台=新居浜市
  • 石田修一さん(左端)の指揮で演奏する吹奏楽部員=市立柏高校
  • 演奏後、村山和幸教諭(前列中央)を囲んで記念撮影する習志野市立実花小学校の6年生の部員たち=宇都宮市
  • 指示を出す小林ひかるさん(左)と上岡悠梨乃さん=宇都宮市文化会館
  • 2016年11月の来日公演時のヘルベルト・ブロムシュテット=池上直哉氏撮影、サントリーホール提供
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ