メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 準抗告(2008年11月27日 夕刊)

    刑事訴訟法で、裁判官が下した決定などに対する不服申し立て制度。勾留、保釈、押収などの裁判や、捜査機関による押収処分などについて、裁判所に対し取り消しや変更を請求できる。裁判所は取り消すか、変更するか、不服申し立てを認めないか決定する。

  • 刑事補償請求(2010年09月23日 朝刊)

    通常の刑事裁判や再審で無罪判決を受けた場合、元被告は不当な身柄拘束について国に補償金を求めることができる。金額は1日あたり1千円〜1万2500円で、裁判所が拘束の期間や失った利益、捜査機関・裁判所の故意や過失などを考慮して決める。刑事補償が決まった最近の主な事件では、戦後最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」や富山県氷見市で起きた強姦(ごうかん)事件で服役後に真犯人が現れた「氷見事件」などがある。

  • 刑事補償金(2011年05月12日 夕刊)

    捜査機関から不当に身柄を拘束された場合、1日あたり1千〜1万2500円を請求できるとした刑事補償法の規定に基づく。裁判所が拘束期間や捜査機関の過失などを考慮して金額を決定。過去には、「足利事件」の再審で無罪が確定した菅家利和さんに約8千万円、郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長に約200万円を支払う決定が出た。

最新ニュース

<考論>新倉修氏、安部川元伸氏に聞く 「共謀罪」法案(2017/3/22)

 今回の法案は国際的なテロや組織犯罪の対策に有効だと政府は主張する。国際組織犯罪防止条約(TOC条約)に日本も加盟するため、国内法が必要だとも政府は強調する。条約やテロ情勢に詳しい2人の専門家に、意見[続きを読む]

捜査機関をコトバンクで調べる

写真

  • 新倉修氏
  • 21日、検察に出頭するため自宅を出る朴槿恵前大統領=ロイター
  • 退任後に捜査を受けた韓国大統領経験者
  • 雨の中、抗議の声をあげる人たち=21日午前8時17分、首相官邸前、竹花徹朗撮影
  • 閣議決定された法案のポイント
  • 自身の経験を話す原一弘さん=佐賀市兵庫町渕
  • 閣議決定された法案のポイント
  • 早川忠孝氏
  • 早川忠孝さん  
  • 論文作成の流れと裁判所の判断
  • 「密告」したら刑減免
  •   
  • 令状のないGPS捜査は違法との最高裁判決を受け、会見する亀石倫子弁護士(中央)ら弁護団=15日、東京・霞が関、北村玲奈撮影
  • 令状のないGPS捜査は違法との最高裁判決を受け、会見をする亀石倫子弁護士(中央)ら弁護団=15日午後4時40分、東京・霞が関、北村玲奈撮影
  • 令状のないGPS捜査が違法かを問う判決公判のため、最高裁に入る弁護団=15日午後、東京都千代田区、金居達朗撮影
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見えない花粉をキャッチ!

    間違いない空気清浄機選び

  • 【&TRAVEL】次にくるのは狛犬ガール?!

    清冽な水が育んだ絶品ラーメン

  • 【&M】生卵のせカレー味スパゲティ

    上野水香さんのイケ麺

  • 【&w】カウントダウンの夜、書店は

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA科学技術立国と言うけれど

    「科学五輪」運営の危機

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ