メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 準抗告(2008年11月27日 夕刊)

    刑事訴訟法で、裁判官が下した決定などに対する不服申し立て制度。勾留、保釈、押収などの裁判や、捜査機関による押収処分などについて、裁判所に対し取り消しや変更を請求できる。裁判所は取り消すか、変更するか、不服申し立てを認めないか決定する。

  • 刑事補償請求(2010年09月23日 朝刊)

    通常の刑事裁判や再審で無罪判決を受けた場合、元被告は不当な身柄拘束について国に補償金を求めることができる。金額は1日あたり1千円〜1万2500円で、裁判所が拘束の期間や失った利益、捜査機関・裁判所の故意や過失などを考慮して決める。刑事補償が決まった最近の主な事件では、戦後最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」や富山県氷見市で起きた強姦(ごうかん)事件で服役後に真犯人が現れた「氷見事件」などがある。

  • 刑事補償金(2011年05月12日 夕刊)

    捜査機関から不当に身柄を拘束された場合、1日あたり1千〜1万2500円を請求できるとした刑事補償法の規定に基づく。裁判所が拘束期間や捜査機関の過失などを考慮して金額を決定。過去には、「足利事件」の再審で無罪が確定した菅家利和さんに約8千万円、郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長に約200万円を支払う決定が出た。

最新ニュース

世界最長の海上橋工事、コンクリート強度偽装か 中国(2017/5/26)

 中国南部の香港・珠海・マカオをつなぐ世界最長の海上橋「港珠澳大橋」の建設工事で、香港の汚職捜査機関は25日までに、コンクリートの品質を検査した米国系企業の21人を汚職容疑などで逮捕した。コンクリート[続きを読む]

捜査機関をコトバンクで調べる

写真

  • 建設が進む港珠澳大橋(香港政府提供)
  • 建設が進む港珠澳大橋=香港政府提供
  • 「共謀罪」法案をめぐる政府の答弁と野党の指摘
  • 「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案の衆院通過を受け、国会議事堂に向かって反対の声を上げる人たち=23日午後7時41分、東京・永田町、西畑志朗撮影
  • 野党委員が委員長席に詰めかける中、組織的犯罪処罰法の改正案の採決を待つ金田勝年法相(右から3人目)=19日午後1時9分、国会内、越田省吾撮影
  • 共謀罪について意見書を可決・採択した議会
  • 1925(大正14)年5月8日付東京朝日新聞朝刊11面。主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています。記事を文字起こしした【当時の記事】が【解説】の後ろにあります。「伝家の宝刀」の記事に続く「純真な運動を傷つけはせぬ」は当時の内務省、川崎卓吉警保局長の話。「法の適用は極めて慎重に取り扱わねばならぬ」と述べています
  • 衆院法務委で民進党・山尾志桜里氏の質問を受ける金田勝年法相(右)=19日午前、国会内、越田省吾撮影
  • リオデジャネイロで18日、テメル大統領に抗議するデモで国旗を掲げる人たち=ロイター
  • ブラジリアの大統領官邸で18日、疑惑を否定するテメル大統領=AP
  • トランプ政権の「ロシア疑惑」
  • トランプ政権の主な「ロシア疑惑」
  • 「共謀罪」法案をめぐる金田勝年法相の主な言動
  • グラフィック・福宮千秋
  • 「共謀罪」法案をめぐる金田勝年法相の主な言動
  • トランプ政権の主な「ロシア疑惑」
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】プロが支持した切れ味

    ミソノ刃物「UX10」の実力

  • 【&TRAVEL】京都のほめられ土産

    おいしいは、うれしい

  • 【&M】子ども記者が軸受生産を取材

    ジェイテクト香川工場〈PR〉

  • 【&w】37歳・ホテルコンシェルジュ

    連載「東京ではたらく」

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

    まさに「マルチタレント」

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ