メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

摂食障害

関連キーワード

  • 摂食障害(2015年02月26日 朝刊)

    極端に食事を制限したり、過食し吐くことを繰り返したりするなど食行動の異常を特徴とする精神疾患。自己評価の低さや対人関係の問題などが背景にあるとされ、患者の9割以上が女性といわれる。厚生労働省の2011年の調査では、摂食障害で医療機関を受診した患者は推計で1万2千人。未受診の人も多く、「氷山の一角」(同省)とみられる。患者すべてではないが、自傷行為など衝動的な行動を伴うことがあり、万引きもその一つと専門家はみる。心の健康について解説する厚労省のウェブサイトでも問題行動の例として紹介されている。患者の不安などが食行動に表れる病気なので、治療には心理面のサポートが欠かせない。

  • 境界性パーソナリティー障害(2015年09月17日 朝刊)

    気分の振れ幅が激しく、対人関係をうまく築けなかったり、自傷行為を繰り返したりといった症状が表れる。親密な相手ほど愛情を求めるがゆえに、意に沿わない言動や見捨てられる不安に直面すると問題行動を繰り返す。わがままな性格と誤解されがちだが、虐待や愛情を感じられずに育つなど成育環境が影響していることも多く、うつや摂食障害を伴うこともある。

  • 被虐待児症候群(2004年01月29日 夕刊)

    親などから殴打されたり無視されたりすることで子供に起こる外傷や精神的な発育障害の総称。うつ病や摂食障害、心的外傷後ストレス障害などの原因にもなると指摘されている。

最新ニュース

写真・図版

糖質制限にはまった男性 友人と食事「走ってから」(2018/4/20)

 食べる量を減らす拒食や食べ過ぎてしまう過食といった「摂食障害」は、若い女性がかかるというイメージがある。しかし、過剰に体重にこだわるようになったり友人と食事をとれなくなってしまったりする男性もいる。…[続きを読む]

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ