メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

放射性物質

関連キーワード

  • 放射性物質(2011年05月11日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。

  • 核分裂と放射性物質(2011年03月28日 朝刊)

    原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

  • コメの放射性物質検査(2011年09月08日 朝刊)

    収穫前の「予備調査」と収穫後の「本調査」の2段階。予備調査は、土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル以上の市町村、空間放射線量が毎時0.15マイクロシーベルト以上の市町村のほか、県が任意で選ぶ市町村が対象。玄米の状態で放射性セシウムを調べ、同200ベクレルを超えた市町村は本検査で重点的に調べる。本検査で同500ベクレルを超えた場合、その地域は現在の市町村、または旧市町村単位で、今年産米の出荷ができなくなる。国は東北などの計17都県に検査を求めた。

最新ニュース

原発と主な活断層と観測された揺れ

(時時刻刻)地震、原発止めず大丈夫? 川内停止要望、約5000件(2016/04/29)

 熊本県などでの地震が続くなか、九州電力川内原発(鹿児島県)は「安全性に問題ない」と運転を続けている。気象庁は今後も強い揺れに警戒するよう呼びかけているが、原子力規制委員会は運転に「お墨付き」を与える[続きを読む]

写真

  • 原発と主な活断層と観測された揺れ
  • ヴラディーミル・チェルトコフさん=兵庫県西宮市、田井中雅人撮影
  • 取材に応じる菅直人元首相=東京・永田町、石川智也撮影
  • リュボーフ・コワレフスカヤさん
  • 平和記念公園で座り込みをする参加者=広島市中区
  • <失われた村へ 人へ> チェルノブイリ市中心部の広場で25日夜、住民らが追悼の式典を開いた。事故で住めなくなった村々や多くの犠牲者に思いをはせ、消防士らが鎮魂のロウソク約100本に火をともした。地元出身の画家アレクサンドルさん(55)は「失われた人の命を忘れない」と語った=矢木隆晴撮影
  • 廃虚となった2階建て校舎。窓ガラスは割れ、机や椅子も残されたままだ。階段に散らばるガラスを踏みながら2階に上がると、廊下にはガスマスクが散乱していた
  • 微熱が続き、母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • チェルノブイリ市中心部の広場で25日夜、住民らが追悼の式典を開いた。事故で住めなくなった村々や多くの犠牲者に思いをはせ、消防士らが鎮魂のロウソク約100本に火をともした。地元出身の画家アレクサンドルさん(55)は「失われた人の命を忘れない」と語った=矢木隆晴撮影
  • 微熱が続き、母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 微熱が続き母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州
  • 福島第一原発の1号機(中央)と排気筒(右)=3月12日朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
  • 巨大な新シェルターから見た4号炉(奥)=3月23日、ウクライナ、杉本康弘撮影
  • 巨大な新シェルターから見た4号炉(奥)=3月23日、ウクライナ、杉本康弘撮影
  • 太陽系の果てを探れ<グラフィック・竹内修一>
  • 故郷のボロービチ村から避難したスベトラーナさんは、かつて住んでいた家の2階が崩れ落ち、居間には木が生い茂った様子を目にして涙した=3月22日、ウクライナ
  • 4月26日で事故から30年を迎えるチェルノブイリ原発4号炉(中央)。老朽化した「石棺」を覆う新シェルター(右)の建設が進む。原発から約3キロにあるプリピャチは原発職員の街だったが、全住民が避難。市街地の集合住宅(手前)は廃虚と化し、森にのみ込まれてゆく=2日、ウクライナ、杉本康弘撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】実は間違ったダイエット法?

    炭水化物抜きは欧米人向け

  • 【&M】女子アスリート応援団

    棒高跳びの今野美穂選手

  • 【&w】キョンキョンとコイズミの間

    『黄色いマンション 黒い猫』

  • ブック・アサヒ・コム万城目ワールド絶好調

    長編「バベル九朔」の魅力

  • WEBRONZA共産党は暴力革命狙ってる!?

    「極左」に見せる印象操作

  • 写真

    ハフポスト日本版 昭和天皇

    写真100枚で振り返る激動の生涯

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ