メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射性物質

関連キーワード

  • 放射性物質(2011年05月11日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。

  • 核分裂と放射性物質(2011年03月28日 朝刊)

    原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

  • コメの放射性物質検査(2011年09月08日 朝刊)

    収穫前の「予備調査」と収穫後の「本調査」の2段階。予備調査は、土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル以上の市町村、空間放射線量が毎時0.15マイクロシーベルト以上の市町村のほか、県が任意で選ぶ市町村が対象。玄米の状態で放射性セシウムを調べ、同200ベクレルを超えた市町村は本検査で重点的に調べる。本検査で同500ベクレルを超えた場合、その地域は現在の市町村、または旧市町村単位で、今年産米の出荷ができなくなる。国は東北などの計17都県に検査を求めた。

最新ニュース

高線量浴びる恐れ、原子力機構無届け 保安規定違反か(2017/6/24)

 茨城県の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員が被曝(ひばく)した事故で、原子力機構が作業員が高い放射線量を浴びる可能性がある場合に必要な届け出などをしないまま作業を行っていたことが23[続きを読む]

写真

  • 磐梯山を望む牧場で、牛たちが早速走り回っていた=猪苗代町
  • 日本原子力研究開発機構が実験で使っていた試料と同タイプのもの。アルミ板の中央にプルトニウムをエポキシ樹脂で固めていた。実験後、アルミ板から外し、ポリ容器に入れた=日本原子力研究開発機構提供
  • 日本原子力研究開発機構が実験で使っていた試料と同タイプのもの。アルミ板の中央にプルトニウムをエポキシ樹脂で固めていた。実験後、アルミ板から外し、ポリ容器に入れた(日本原子力研究開発機構提供)
  • 立ち入り検査に向かう原子力規制委員会の検査官ら=茨城県大洗町成田町
  • 核兵器の人道的影響に関する国際会議で、核実験による健康被害と核兵器禁止を訴えるミシェル・トーマスさん=2014年12月8日、ウィーン、田井中雅人撮影
  • 作業員が受けた内部被曝の検査イメージ
  • 作業員が受けた内部被曝の検査イメージ
  • 建物内には使用済み燃料を収める「乾式キャスク」が並んでいた=茨城県東海村の東海第二原発
  • 記者会見で作業員の再入院について説明する量子科学技術研究開発機構の明石真言執行役(写真右)ら=19日午後、千葉市稲毛区
  • 記者会見で作業員の再入院について説明する量子科学技術研究開発機構の明石真言執行役(写真右)ら=19日午後、千葉市稲毛区
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】もう臭わせない!

    梅雨の部屋干しに

  • 写真

    【&TRAVEL】エーゲ海で見る世界一の夕日

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】拝見!モデルルーム

    進化するマンションの未来形

  • 写真

    【&w】ジョニー・デップが語る

    パイレーツ・オブ・カリビアン

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム生まれ変わり続ける女性の話

    「小説巧者」佐藤正午の新刊

  • 写真

    WEBRONZA「正解の押しつけは大嫌い」

    伊礼彼方インタビュー

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ