メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射性物質

関連キーワード

  • 放射性物質(2011年05月11日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。

  • 核分裂と放射性物質(2011年03月28日 朝刊)

    原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

  • コメの放射性物質検査(2011年09月08日 朝刊)

    収穫前の「予備調査」と収穫後の「本調査」の2段階。予備調査は、土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル以上の市町村、空間放射線量が毎時0.15マイクロシーベルト以上の市町村のほか、県が任意で選ぶ市町村が対象。玄米の状態で放射性セシウムを調べ、同200ベクレルを超えた市町村は本検査で重点的に調べる。本検査で同500ベクレルを超えた場合、その地域は現在の市町村、または旧市町村単位で、今年産米の出荷ができなくなる。国は東北などの計17都県に検査を求めた。

最新ニュース

写真・図版

遭難・毒キノコ… キノコ採りで注意すべきことは?(2017/10/20)

 キノコ採りの季節がやってきた。秋の楽しみの一つだが、道に迷うなど危険と隣り合わせだ。気をつけるべき点は具体的にどこなのか。キノコ採り初挑戦の記者が、名人とともに山に入ってみた。 案内してくれたのは、…[続きを読む]

写真

  • 「自分が歩いた場所にテープなどを巻き目印を付けておくといい。戻るときはもちろん持ち帰る」と話す秦孝之さん=長野市
  • 高レベル放射性廃棄物を地層処分することの問題点を指摘する森清氏(右奥)=松本市の信州大学
  • 炎上した米軍CH53Eヘリの回転翼中心部付近=14日午後、東村(小型無人機から)
  • 米軍の大型ヘリが炎上した現場近くのため池から採水する職員ら=13日午後4時59分、沖縄県東村高江、安田桂子撮影
  • 大破した米軍ヘリ。周囲には軍用車両や作業をする米軍関係者らの姿があった=13日午前9時50分、沖縄県東村高江、岡田将平撮影
  • 民有地の牧草地に不時着し、燃えた米軍のヘリ
  • 不時着し、炎上した米軍の大型ヘリ。近くには米軍関係者の姿が見えた=12日午前8時51分、沖縄県東村高江、朝日新聞社機から、小玉重隆撮影
  • 高浜原発の重大事故を想定した訓練で車に乗り込む「まいづる作業所」の利用者ら=9月16日、舞鶴市平
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ