メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

放射性物質

関連キーワード

  • 放射性物質(2011年05月11日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。

  • 核分裂と放射性物質(2011年03月28日 朝刊)

    原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

  • コメの放射性物質検査(2011年09月08日 朝刊)

    収穫前の「予備調査」と収穫後の「本調査」の2段階。予備調査は、土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル以上の市町村、空間放射線量が毎時0.15マイクロシーベルト以上の市町村のほか、県が任意で選ぶ市町村が対象。玄米の状態で放射性セシウムを調べ、同200ベクレルを超えた市町村は本検査で重点的に調べる。本検査で同500ベクレルを超えた場合、その地域は現在の市町村、または旧市町村単位で、今年産米の出荷ができなくなる。国は東北などの計17都県に検査を求めた。

最新ニュース

伊達市全域で平均1ミリ以下(2014/08/29)

●6月までの年間外部被曝線量 伊達市全域で、今年6月までの1年間の市民の外部被曝(ひ・ばく)放射線量は平均1ミリシーベルト以下だったことがわかった。28日、市が公表した。その前の1年間は5地区のうち3[続きを読む]

PR情報

写真

  • 大熊・双葉両町の帰還困難区域
  • 処分場候補地を初めて視察した井上信治環境副大臣(前列左から2人目)=塩谷町上寺島寺島入
  • 住民避難の判断とSPEEDI
  • 住民避難の判断とSPEEDI

注目コンテンツ

  • ショッピングジューサーとミキサーの違い

    栄養素を逃さないのはどっち?

  • ブック・アサヒ・コム寝台列車徹底ガイド

    トワイライトエクスプレス引退

  • 【&M】日帰りで楽しむ温泉旅

    目からウロコの旅プラン満載!

  • 【&w】香りの煎茶二種の詰め合わせ

    マイ・セレクション

  • Astandシンデレラの「裏」物語

    お姫様願望の陳腐さあぶり出す

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮で働く女性たちの素顔

    アメリカ人がとらえた、北朝鮮の日常の姿。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報