メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線医学総合研究所

関連キーワード

  • 放射線防護の基準(2011年06月22日 朝刊)

    国際放射線防護委員会は、自然放射線量(国内平均年1・5ミリシーベルト)などを除き、基準を年1ミリ以下としている。換算すると年1ミリは毎時0・19マイクロシーベルトにあたる。事故収束後の復旧期は年1〜20ミリ(毎時3・8マイクロ)と示す。独立行政法人「放射線医学総合研究所」によると、約100ミリ未満では「がんを引き起こすという科学的証拠はない」「胎児への影響は起こらないと考えられている」としている。

最新ニュース

写真・図版

原子力災害の拠点病院、8府県は未指定 準備不足など(2018/4/19)

 原子力規制委員会は18日、原子力事故の際に被曝(ひばく)医療の拠点となる「原子力災害拠点病院」について、指定を求めている24道府県のうち8府県が未指定であることを明らかにした。施設や設備の準備が整わ…[続きを読む]

放射線医学総合研究所をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ