メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

放射線医学総合研究所

関連キーワード

  • 放射線防護の基準(2011年06月22日 朝刊)

    国際放射線防護委員会は、自然放射線量(国内平均年1・5ミリシーベルト)などを除き、基準を年1ミリ以下としている。換算すると年1ミリは毎時0・19マイクロシーベルトにあたる。事故収束後の復旧期は年1〜20ミリ(毎時3・8マイクロ)と示す。独立行政法人「放射線医学総合研究所」によると、約100ミリ未満では「がんを引き起こすという科学的証拠はない」「胎児への影響は起こらないと考えられている」としている。

最新ニュース

重粒子線がん治療のしくみ/重粒子線・陽子線治療の国内治療施設

(今さら聞けない+)重粒子・陽子線治療 深い場所のがん、集中攻撃(2015/02/21)

 「重粒子線」や「陽子線」と呼ばれる放射線を使った治療施設が増えています。光速の70%ほどに加速した炭素や水素の原子核ビームを患者に照射し、体内の深い場所にあるがん細胞を死滅させるのが狙いです。従来の[続きを読む]

放射線医学総合研究所をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 重粒子線がん治療のしくみ/重粒子線・陽子線治療の国内治療施設
  • IAEAで講演するブラウンさん=セーフキャスト提供
  • Mikhail Ivanov in 2007 (Provided by Aleksei Kirichenko)◇ミハイル・イワノフ氏=2007年、キリチェンコさん提供
  • ミハイル・イワノフ氏=2007年、キリチェンコさん提供
  • ミハイル・イワノフ氏(右)とアレクセイ・キリチェンコさん=2007年11月、キリチェンコさん提供
  • おもな職業別被曝線量
  • 国連科学委員会
  • 放医研の明石真言さん  

注目コンテンツ

  • ショッピング2秒で履ける伸びる靴ひも

    足のむくみにも柔軟に対応

  • ブック・アサヒ・コム北陸新幹線も登場

    JRの広大な車両基地を空撮

  • 【&M】HIROも応援する中学生役

    「ソロモンの偽証」の石井杏奈

  • Astand大澤×木村が考える憲法

    表現の自由、安全保障とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 あの人は今…(70′s編)

    ボブ・ディラン、クラプトン、S&G、俺たちのスターは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ