メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

燃料取り出しずれ込み 東電・国、計画変更へ 福島第一1号機(2014/10/30)

 東京電力福島第一原発の廃炉作業で、東電と国は、1号機の燃料取り出し開始時期を計画より遅らせる方針を固めた。使用済み燃料は2年、溶け落ちた燃料は5年ずれ込む見通し。2号機の燃料取り出し工程も見直す方向[続きを読む]

放射線量をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 内田圭一さん
  • 上映会を準備する小森谷佐弥香さん(左)ら女性グループ=つくば市
  • 屋上に避難スペースが設置された川内南小学校=徳島市川内町
  • 運び込まれた文化財が保管された収蔵庫=白河市のまほろん
  • 福島県大熊町の中間貯蔵施設候補地にある棚和子古墳で1984年に行われた発掘調査=同町提供
  • 全国の原発のうち7基が廃炉の判断を迫られ、20基が再稼働を待っている
  • 愛犬を連れて仮設住宅の周囲を散歩する三瓶さん=福島県郡山市富田町
  • 福島県知事選の不在者投票で投票用紙に記入する人たち=江東区の東雲住宅
  • 商業施設の造成が進む。住民帰還に向けて期待がかかる=川内村下川内
  • 砂利の入った袋を積み重ねて道路の段差を埋める訓練=伊方町三崎の三崎港
  • 福島県南相馬市からの避難者らに贈った「天の風浜街道」と松井治二さん。最初に贈った初代が引退した後、2代目を襲名した。地震を生き残った「ベテラン牛」だという=16日、新潟県長岡市山古志南平、仙波理撮影
  • 福島県南相馬市からの避難者らに贈った「天の風浜街道」と松井治二さん。地震を生き残った「ベテラン牛」だという=16日、新潟県長岡市山古志南平、仙波理撮影
  • 通った車両の放射線量を検査できるゲートモニター=島根県出雲市大社町中荒木
  • 「この子たちが親の世代になる将来に向けた医療態勢を」と伊達市の石川哲也さんは訴える/石川さん提供
  • 民家の裏庭の汚染地点で地上1メートルの空間放射線量を測定する環境省職員ら。住民も立ち会う=南相馬市原町区
  • 訓練の主要機関会議に集まる関係者は、島根、鳥取両県の職員、両県警、自衛隊、中国電力社員ら90人を超える=9月、松江市殿町の県原子力防災センター

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング天国に一番近い州・ダオスタ

    イタリアの隠れた穴場リゾート

  • ブック・アサヒ・コム貧困ビジネスの実態を暴く

    柚月裕子の社会派ミステリー

  • 【&M】小さな無人島の大きな楽しみ

    シアワセになるサイパン!

  • 【&w】「働く」って何だろう?

    山崎亮さんの新刊プレゼント

  • Astand彗星に軟着陸できるのか

    世界初のミッションに挑む

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報