メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

畑だった場所に除草剤をまく

(プロメテウスの罠)4年目の夏:19 帰還困難でも自宅へ(2014/07/23)

 ◇No.986 福島県大熊町の栃本信一(とちもとしんいち)(62)はこの6月21日、避難先の南相馬市から自宅に一時立ち入りをした。妻のカズエ(62)もいっしょだった。 自宅は福島第一原発から南に3キ[続きを読む]

放射線量をkotobankで調べる

PR情報

写真

  • 畑だった場所に除草剤をまく
  • 海に向かって石投げをして遊ぶ福島からの子どもたち=朝日町のヒスイ海岸
  • IT産業団体の事務所玄関   
  • 畑の放射線量を測る福島大生ら=南相馬市
  • コメから基準超のセシウムが検出された水田とその周辺の地図
  • 夜間に閉じられるバリケード(左)の奥の電柱から、道路上に伸びた支柱の先に取り付けられたナンバー読み取りカメラ=15日、福島県浪江町の避難指示解除準備区域、高橋尚之撮影
  • 夜間に閉じられるバリケード(左)の奥の電柱から、道路上に伸びた支柱の先に取り付けられたナンバー読み取りカメラ=15日、福島県浪江町の避難指示解除準備区域、高橋尚之撮影
  •   
  • 震災前の阿字ケ浦海水浴場。砂浜を埋め尽くすように人が集まった=ひたちなか市観光協会提供
  • 中間貯蔵施設(ちゅうかんちょぞうしせつ)をめぐる経緯(けいい)

注目コンテンツ

  • ショッピングケーブル不要の一体型PC

    価格改定で狙い目のiMac

  • ブック・アサヒ・コムストレスは下っ端におしつけ

    ヒヒとの20年、学者はみた

  • 【&M】ズームもワイドも楽々

    スマホ用外付けレンズ

  • 【&w】職人技を発信

    「京都」ならではのデザイン

  • Astand顧客情報大量流出のベネッセ

    再生へのいばら道

  • 写真

    ハフポスト日本版 世界の巨大な穴10選

    見つめていると吸い込まれそう

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報