メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

写真・図版

福島)豊かな故郷返して欲しい 津島訴訟の今野秀則さん(2017/9/24)

 木々が色づく季節になった。故郷の山々は秋の恵みを与えてくれた。 「シメジ、ナメコ、オリメキ(ナラタケ)……。とってきては近所に配って回るんですよ。育てている野菜も配り合いました」 浪江町の津島地区住…[続きを読む]

放射線量をコトバンクで調べる

写真

  • 震災前の自宅周辺を写した航空写真を手にする今野秀則さん=大玉村
  • 現在の国の指針と「故郷喪失慰謝料」
  • 国道114号からのぞむ津島地区の集落。帰還困難区域のため、いまも立ち入りが制限されている=浪江町
  • 浪江インターチェンジ近くのゲートが開放され、パトカーなどが福島市方面へ向かった=20日午前6時、浪江町室原
  • 国道114号沿いには、住む人のいない家屋が残されていた
  • 帰還困難区域へのゲートが開放された国道114号=20日午前6時37分、福島県浪江町津島、福留庸友撮影
  • 福島県浪江町の自宅の写真を見る原告の男性。家の前には雑草が生えていた=千葉県内
  • 訓練で患者役となった男性の負傷部位を除染する医師ら=福井市四ツ井2丁目の県立病院
  • 訓練で患者役となった男性の負傷部位を除染する医師ら=福井市四ツ井2丁目の県立病院
  • 雑草が生い茂る双葉駅近くの線路=7月、福島県双葉町、竹花徹朗撮影
  • 雑草が生い茂る双葉駅近くの線路=7月、福島県双葉町、竹花徹朗撮影
  • 双葉町の「特定復興再生拠点」
  • 双葉町の「特定復興再生拠点」
  • ゴメリ州ホイニキ地区の学校で、放射線に関する活動の説明を受ける生徒ら=7月28日、ベラルーシ、飯沼優仁撮影
  • 収穫したサヤインゲンの選別と袋詰めをする末永瑞夫さん=8月29日午後8時5分、福島県飯舘村、竹花徹朗撮影
  • 早朝、畑でサヤインゲンを収穫する末永瑞夫さん=8月29日午前5時30分、福島県飯舘村、竹花徹朗撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ