メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

「フタバから遠く離れて 第二部」

(プレミアシート)「フタバから遠く離れて 第二部」 被災者を翻弄し続ける混沌(2014/11/21)

 ある町とそこの住民たちに密着してドキュメンタリーを撮り続ける。そんな意志の持続が、画面の隅々にまで緊迫感をもたらしている。監督は舩橋淳。 その町は福島県双葉町で、原発事故により全住民が避難を余儀なく[続きを読む]

放射線量をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 「フタバから遠く離れて 第二部」
  • 可搬型モニタリングポストを設置する県職員=川内村
  • 放射線測定器(サーベイメーター)を使って住民らが被曝しているかどうか調べる訓練もした=佐世保市金比良町の西地区公民館
  • 可搬型モニタリングポストを設置する県職員=川内村
  • 公民館の玄関に設置されたモニタリングポスト=伊万里市南波多町
  • 小林慶一郎氏
  • (C)竜田一人/「いちえふ」講談社
  • 外国メディアの報道も多い
  • 開通した国道6号を通ると、ゲートで守られた家々が目に飛び込んできた=14日、福島県大熊町
  • スクリーニング検査を体験する伊香具小の児童ら=長浜市南田附町の南郷里小体育館
  • 記者会見する伊藤祐一郎知事=7日、県庁、長沢幹城撮影
  • 篠原健一郎さん
  • 原発事故の避難世帯が持ち家に住む割合
  • 福島の空気の缶詰「Tohoku缶」を作ったATSUさん
  • 川内原発の再稼働推進を求める陳情を賛成多数で採択した鹿児島県議会=7日午前11時49分、鹿児島市、長沢幹城撮影

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング上司に内緒でこたつ導入

    ひとり暖房で冷え知らず

  • ブック・アサヒ・コム小説は事実より奇なり

    京都不審死事件を予言?

  • 【&M】スーパーGT最終戦

    練習走行から決勝までを写真で

  • 【&w】「時計が似合う人」に鈴木京香

    美しく時を重ね続けて

  • Astand羽生結弦という人間

    誰にも止められない強さ

  • 写真

    ハフポスト日本版 画像で比較してみたら…

    アジア人女性たちの「美容整形通い」は止まらない

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報