メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

写真・図版

(てんでんこ)首長たち:2 復興計画(2018/1/24)

 ■知事は言った。「ここまで来るとは、7年前には考えられなかった」 昨年12月20日、福島県大熊町の町長、渡辺利綱(わたなべとしつな)(70)は、県知事の内堀雅雄(うちぼりまさお)(53)と町の南端に…[続きを読む]

放射線量をコトバンクで調べる

写真

  • 新しい役場が建つ場所を示す福島県大熊町の渡辺利綱町長=昨年9月
  • 福島第一原発2号機の格納容器の底部で撮影された小石状のデブリ。L字形の金具(中央)は燃料集合体のハンドル=国際廃炉研究開発機構提供
  • 福島第一原発2号機の格納容器の底部で撮影された小石状のデブリ。L字形の金具(中央)は燃料集合体のハンドル(国際廃炉研究開発機構提供)
  • 県職員が飛行訓練で新たに導入されたドローンを操縦した=鳥取市河原町稲常
  • 福島第一原発3号機の最上階。ドーム形の屋根の建設が進んでいた
  • 長じゅばん姿の「鍬頭」(手前)や、苗を運ぶ少年役の「ささら」(後方)などに扮し、田植踊を練習した=7日、福島県二本松市
  • 長じゅばん姿の「鍬頭」(手前)や、苗を運ぶ少年役の「ささら」(後方)などに扮し、田植踊を練習した=7日、福島県二本松市
  • グラフィック・米沢章憲
  • 琵琶湖の湖底探索を行った水中探査ロボ「シーローバー」 (C)TBS
  • 刈り取られた沿道の草を袋に詰め込んでいく作業員=双葉町鴻草
  • 特定復興再生拠点
  • 後景にやぐらのように見えるのがコンラート最終処分場。地下1千メートルへの入り口は畑の中にある=ドイツ中部ザルツギッター、ユリアーネ・ディッケル撮影
  • チェルノブイリ原発事故とその後
  • ドーム状の屋根の設置作業が続いている3号機の最上階
  • 燃料取り出しに向け、ドーム状の屋根の設置作業が続いている福島第一原発3号機の最上階=1日、福島県大熊町、竹花徹朗撮影
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】腕時計の新しい潮流

    個性漂うグレーカラー!

  • 写真

    【&TRAVEL】美肌磨きができる箱根の湯

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】超絶ジューシー!

    最後の晩餐(ばんさん)的一杯

  • 写真

    【&w】うっとり夢心地のパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA大谷、エンゼルスは正解か

    順応しやすい環境とチーム事情

  • 写真

    アエラスタイルマガジン130年愛されつづけるパン屋

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN詩人、谷川俊太郎の

    仕事と暮らしを読み解く

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ