メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

(てんでんこ)福島に住む:2 転籍(2017/3/28)

 ■家族で一緒にいられる時間は警視庁時代よりも増えた。昨年末、次男が生まれた。 福島県警北会津駐在所の中井大介(34)は東日本大震災があった6年前、東京都小平市にある警視庁小平署の交番勤務だった。周り[続きを読む]

放射線量をコトバンクで調べる

写真

  • 家族と暮らす中井大介さん(左)
  • 飯舘村の西側に設置されたモニタリングポスト。村内方面に進むと「お帰りなさい」のメッセージが見える=飯舘村二枚橋
  • 3月末に避難指示解除を控える地域では除染作業が急ピッチで進んでいた=2日、福島県浪江町谷津田、福留庸友撮影
  • 除染廃棄物が保管されている仮置き場=25日午後、福島県飯舘村、福留庸友撮影
  • <作業、急ピッチ> 今月2日
  • かやぶき古民家と境野さん夫妻。手入れを欠かさず、大切に住んできた=福島市飯野町青木
  • 今月2日に除染作業が行われていた農地は、ほぼ作業が終わっていた=25日午後、福島県浪江町谷津田、福留庸友撮影
  • 福島第一原発1号機の内部調査の結果
  • 福島第一原発1号機の内部調査の結果
  • 東京電力福島第一原発1号機のロボット調査で撮影された格納容器内の様子(21日、国際廃炉研究開発機構提供)
  • 福島第一原発に近い地域では、除染事業で出た廃棄物が詰められたフレコンバッグが山積みにされ、シートがかけられている=福島県浪江町、金川雄策撮影
  • 集積場には、除染事業で出た廃棄物を入れた袋が並んでいる=福島県南相馬市、福留庸友撮影
  • 調査ロボットが撮影した水中の様子。配管に降り積もった砂のような堆積(たいせき)物が見える=20日、国際廃炉研究開発機構提供
  • 福島第一原発1号機の格納容器内で調査ロボットが撮影した水中の様子。底から高さ1メートル上にある配管に降り積もった砂のような堆積(たいせき)物が見える。溶けた核燃料は確認できなかった(20日、国際廃炉研究開発機構提供)
  • 庭のモクレンの木を眺める山内悟さん=15日、福島県楢葉町
  • 1号機格納容器の底近くの水中で撮影されたバルブや配管を支える構造物=18日、国際廃炉研究開発機構提供
  • 福島第一原発1号機の内部調査
  • 福島第一原発1号機の内部調査
  • 役所広司さん=東京都渋谷区神南、家老芳美撮影
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】心拍トレーニングのお供に!

    運動にオススメのイヤホン

  • 【&TRAVEL】全米一住みたい街美食フェス

    世界美食紀行

  • 【&M】春を待つ森の営みを探そう!

    親子で自然に親しむ〈PR〉

  • 【&w】ニュアンスカラーで春らしく

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA推進法案、努力義務は画期的

    議員数の男女平等は実現するか

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ