メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射能汚染

関連キーワード

  • 放射能汚染(2011年04月06日 夕刊)

    福島第一原発では2号機のタービン建屋地下や外の坑道に高濃度の放射能汚染水がたまっている。移す場所を確保するため、もともとあった汚染度の低い水を海へ放流している。東電は「低レベル」と呼んでいるが、あくまで相対的な汚染度の違いで、基準が法で定められているわけではない。原子炉等規制法が定める海水での濃度の基準に比べると100倍程度の濃度で、この水1万トンに含まれる放射能の量は、高濃度汚染水10リットル程度に含まれる量と同じ水準になる計算だ。

  • 福島第一原発の放射能汚染(2013年08月03日 朝刊)

    事故で溶けた燃料を冷やした水に地下水が混ざり、1日約400トンずつ汚染水が増えている。浄化装置で放射性物質を取り除いているが完全に取り切れないため、敷地内のタンクにため続けている。汚染水は7月30日現在で約42万トンにのぼる。

  • 高濃度汚染水の流出(2011年04月23日 朝刊)

    福島第一原発2号機のタービン建屋地下や坑道にたまった放射能汚染水が、取水口付近のコンクリートの亀裂から漏れ出しているのが2日に見つかった。6日に止水するまで520トンが流出し、4700兆ベクレルの放射能が含まれていたと東京電力は推定している。国の基準で定められた年間放出量の約2万倍にあたる。この高濃度汚染水の収容先を確保するため、東電は4〜10日にかけ、敷地内の比較的濃度の低い汚染水1万393トンを意図的に海に放出した。放射能の量は1500億ベクレルと見積もられた。

最新ニュース

(ザ・コラム)サマショールの行方 大地が無人に還るとき 国末憲人(2017/8/17)

 「こんなところに来る暇があったら、バカンスにでも行けばいいのに」 ランナさん(84)は笑いながら、私を自宅に招き入れてくれた。 ウクライナ北部のクポワトイェ村に、彼女は暮らしている。チェルノブイリ原[続きを読む]

放射能汚染をコトバンクで調べる

写真

  • 玄海原発の沖合で抗議行動する漁船=15日午前10時14分、佐賀県玄海町、朝日新聞社ヘリから、福岡亜純撮影
  • 第五福竜丸の無線室。被曝から半年後に死亡した久保山愛吉さんが働いていた。主任学芸員の安田和也さんが案内してくれた
  • 展示されている第五福竜丸=13日、東京都江東区夢の島2丁目、西畑志朗撮影
  • 福島県富岡、大熊、双葉の3町の広報誌に掲載された避難者らの声
  • 新たな処分方針を提案する村井嘉浩知事=県庁
  • 篠原久美子さん=東京都新宿区
  • 新緑のもと、自転車が疾走した=葛尾村
  • 1954年。焼津から回航され、東京・月島の晴海岸壁に着いた第五福竜丸
  • 震災後、何かに突き動かされるように人形を作り続けたという阿部貞子さん=郡山市駅前1丁目
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ