メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

放射能

関連キーワード

  • 放射能汚染水(2011年04月06日 夕刊)

    福島第一原発では2号機のタービン建屋地下や外の坑道に高濃度の放射能汚染水がたまっている。移す場所を確保するため、もともとあった汚染度の低い水を海へ放流している。東電は「低レベル」と呼んでいるが、あくまで相対的な汚染度の違いで、基準が法で定められているわけではない。原子炉等規制法が定める海水での濃度の基準に比べると100倍程度の濃度で、この水1万トンに含まれる放射能の量は、高濃度汚染水10リットル程度に含まれる量と同じ水準になる計算だ。

  • 新しい食品の放射能基準(2012年04月07日 朝刊)

    放射性セシウムは食品全般の「一般食品」が1キロ当たり100ベクレル▽乳児用食品と牛乳が50ベクレル▽飲料水10ベクレル。暫定基準に比べ一般食品は5分の1、牛乳が4分の1、飲料水は20分の1の低い値となった。基準値を超えると出荷停止の対象となる。検査についても50ベクレルを超えた品目を重点的に調べるよう指針を改正。対象地域を細かくし、検査品目やサンプル数を大幅に増やした。

  • 放射能に汚染された廃棄物の処分(2012年09月19日 朝刊)

    放射性セシウムの濃度が1キロ当たり8千ベクレルを超える廃棄物は、法律に基づく「指定廃棄物」として、国の責任で捨て場所を確保するルール。ごみの焼却灰や下水処理場の汚泥、稲わらが中心で、濃縮されたセシウムを含む。指定廃棄物は8月初旬時点で9都県で約4万3千トン発生。福島を除く8都県では、発生分をすべて域内で処分する。このうち宮城、茨城、栃木、千葉、群馬の5県は既存の処分場では足りず、環境省が国有地に1カ所ずつ最終処分場をつくる方針。調整が遅れた群馬を除く4県には9月中に候補地を示した後、来夏に造成工事を始め、14年夏から廃棄物を搬入する計画だ。

最新ニュース

樽川和也さん=(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体

(核の神話:26)受け継ぐ「大地」、福島だけではない(2016/05/02)

 福島第一原発事故から5年。あの時、父親を自死により失った樽川和也さんが語るドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」が劇場公開されている。制作者らが映画に込めた思いとは――。井上淳一監督、企画した馬奈木[続きを読む]

写真

  • 樽川和也さん=(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体
  • 『脱原発の哲学』 
  • ヴラディーミル・チェルトコフさん=兵庫県西宮市、田井中雅人撮影
  • アレキサンドル・スクリャールさん  
  • ノーマ・フィールドさん=米ワシントン州シアトル、田井中雅人撮影
  • 熊本地震による土砂崩れで阿蘇大橋(中央部分)が無くなっていた=4月16日午前6時1分、熊本県南阿蘇村、朝日新聞社ヘリから、高橋雄大撮影
  • 微熱が続き、母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 微熱が続き、母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 微熱が続き母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州
  • 事故から30年を迎えるチェルノブイリ原発4号炉(中央)。老朽化した「石棺」を覆う新シェルター(右)の建設が進む。原発から約3キロにあるプリピャチは原発職員の街だったが、全住民が避難。市街地の集合住宅(手前)は廃虚と化し、森にのみ込まれてゆく=2日、ウクライナ、杉本康弘撮影
  • 『光の子ども』(1)・(2) 
  • 故郷のボロービチ村から避難したスベトラーナさんは、かつて住んでいた家の2階が崩れ落ち、居間には木が生い茂った様子を目にして涙した=3月22日、ウクライナ
  • 4月26日で事故から30年を迎えるチェルノブイリ原発4号炉(中央)。老朽化した「石棺」を覆う新シェルター(右)の建設が進む。原発から約3キロにあるプリピャチは原発職員の街だったが、全住民が避難。市街地の集合住宅(手前)は廃虚と化し、森にのみ込まれてゆく=2日、ウクライナ、杉本康弘撮影
  • 国別の核兵器保有数
  • チェルノブイリ事故30年
  • 6年ぶりに漁が再開され、船上に水揚げされたアサリ。漁師からは「ふるいにかける必要がないくらい大きいね」と声が上がった=20日午前8時40分、福島県相馬市の松川浦、福留庸友撮影
  • 湯布院の湯の坪街道。外国人旅行者にも人気の観光地だが、20日午後の通りは閑散としていた=大分県由布市、柴田秀並撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】100年使えるフライパン

    重くて頑丈、それがいい!

  • 【&M】「うがじんさん」人気上昇中

    5月8日まで特別公開

  • 【&w】弁護士界の異端児

    〈ニッポン人名鑑〉水野 祐

  • ブック・アサヒ・コム石をこよなく愛する市川礼子

    行きたいのは瀬戸内海のある島

  • WEBRONZAチェルノブイリ事故30年

    今更「きれい」と言われても

  • 写真

    ハフポスト日本版 プリンスが忘れられない

    そんな貴殿に贈る栄光の日々

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ