メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

政権交代

関連キーワード

  • 政権交代(2009年09月16日 夕刊)

    自民党が政権を失うのは、93年8月の日本新党など8党派連立による細川護熙内閣の発足以来。8月の総選挙では、55年の結党以来守ってきた衆院第1党の座も奪われた。総選挙で当選したのは民主308△自民119△公明21△共産9△社民7△みんな5△国民3△日本1△大地1△無所属6。民主が単独で過半数を占める。一方、参院では民主は単独過半数には足りない。社民、国民新との連立の背景には、両党の協力で参院で過半数を得て、安定した政権基盤を築こうという狙いがある。しかし、各党には外交・安全保障などの面で政策の違いがあり、今後対立する可能性もある。

  • 泡瀬干潟の埋め立て事業(2010年08月04日 朝刊)

    泡瀬干潟(265ヘクタール)の一部(49ヘクタール)を含む96ヘクタールを埋め立ててリゾート地を造る計画。沖縄市が、1987年に計画。02年に国主導での埋め立てが始まったが、民主党は政権交代前の「沖縄ビジョン」(08年)で事業の見直しを主張。反対派住民らが事業への公費支出差し止めを求めた訴訟では、一審(08年)、二審(昨年10月)ともに支出差し止めが命じられ、判決が確定した。県と市は、経済的合理性のある新たな開発計画を市が立案した上で事業を継続する方針を打ち出していた。

  • 選択的夫婦別姓制度(2011年03月02日 朝刊)

    結婚する際に夫婦同姓か夫婦別姓かを自由に選べる制度。民法750条は、夫か妻のどちらかの姓を名乗る「夫婦同氏原則」を定めており、新制度導入には民法改正が必要。1996年に民法改正案要綱に盛り込まれ、民主党への政権交代で推進派の期待は高まったが、実現していない。

最新ニュース

(憲法を考える)「全体の奉仕者」どこへ 政治学者・牧原出さん(2017/7/25)

 役人の政治家への過剰な忖度(そんたく)。資料の消滅。「総理のご意向」との圧力。憲法が言う「全体の奉仕者」である公務員はどこにいったのか。安倍政権をめぐる様々な問題で官僚のあり方が議論を呼んでいる。官[続きを読む]

写真

  • 牧原出さん=早坂元興撮影
  • 会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町、川村直子撮影
  • 共産党の組織と過去に失脚した主な幹部
  • 蓮舫・民進党代表の戸籍情報開示までの流れ
  • 村木厚子さん
  • 1980年2月に発行された、朴正熙元大統領の逝去を追慕する記念切手(韓国郵政事業本部提供)
  • 道を埋め尽くした最大野党・救国党の支持者ら=プノンペン、6月2日、染田屋竜太撮影
  • 与謝野馨さんは政界を引退後、咽頭(いんとう)がんの手術で声を失ったが、筆談などで各界の要人とやりとりは続いた。赤や黒のサインペンで、すらすらと書いていく=2016年6月、東京都内
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ