メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

政権交代

関連キーワード

  • 政権交代(2009年09月16日 夕刊)

    自民党が政権を失うのは、93年8月の日本新党など8党派連立による細川護熙内閣の発足以来。8月の総選挙では、55年の結党以来守ってきた衆院第1党の座も奪われた。総選挙で当選したのは民主308△自民119△公明21△共産9△社民7△みんな5△国民3△日本1△大地1△無所属6。民主が単独で過半数を占める。一方、参院では民主は単独過半数には足りない。社民、国民新との連立の背景には、両党の協力で参院で過半数を得て、安定した政権基盤を築こうという狙いがある。しかし、各党には外交・安全保障などの面で政策の違いがあり、今後対立する可能性もある。

  • 泡瀬干潟の埋め立て事業(2010年08月04日 朝刊)

    泡瀬干潟(265ヘクタール)の一部(49ヘクタール)を含む96ヘクタールを埋め立ててリゾート地を造る計画。沖縄市が、1987年に計画。02年に国主導での埋め立てが始まったが、民主党は政権交代前の「沖縄ビジョン」(08年)で事業の見直しを主張。反対派住民らが事業への公費支出差し止めを求めた訴訟では、一審(08年)、二審(昨年10月)ともに支出差し止めが命じられ、判決が確定した。県と市は、経済的合理性のある新たな開発計画を市が立案した上で事業を継続する方針を打ち出していた。

  • 選択的夫婦別姓制度(2011年03月02日 朝刊)

    結婚する際に夫婦同姓か夫婦別姓かを自由に選べる制度。民法750条は、夫か妻のどちらかの姓を名乗る「夫婦同氏原則」を定めており、新制度導入には民法改正が必要。1996年に民法改正案要綱に盛り込まれ、民主党への政権交代で推進派の期待は高まったが、実現していない。

最新ニュース

「米国第一を推進」 トランプ大統領就任 雇用・移民、国益優先(2017/1/21)

 「不動産王」と呼ばれ、公職経験のない初の大統領が米国に誕生――。共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日正午(日本時間21日午前2時)、連邦議会議事堂前の就任式で第45代大統領に就任、トランプ時[続きを読む]

写真

  • 20日、ワシントンの米連邦議会議事堂前での就任式で宣誓するトランプ新大統領=ランハム裕子撮影
  • 自民党の小泉進次郎議員=東京・永田町、堀英治撮影
  • 16日午前、ソウルの政府庁舎で開かれた緊急外交点検会議で、金寛鎮国家安保室長(右)と握手する李俊揆駐日大使。左は尹炳世外相=東亜日報提供
  • 6日、ヤンゴンの裁判所内を移動する地元紙大手イレブン・メディアの編集長(右から2人目)。同日、保釈が認められた=AFP時事
  • 6日、ヤンゴンの裁判所内を移動する地元紙大手イレブン・メディアの編集長(右から2人目)。同日、保釈が認められた=AFP時事
  • 二の丸御殿内にある大広間に座る門井慶喜さん(特別に許可を得ています)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】工場夜景も星空も!

    冬は夜景撮影のチャンス

  • 【&TRAVEL】水着のままホッとひと息

    ハワイでカフェ×海

  • 【&M】日本レースクイーン大賞決定

    グランプリに清瀬まちさん

  • 【&w】沖縄のカフェでくらす

    看板猫の「とら」

  • ブック・アサヒ・コム首相の真珠湾訪問を読み解く

    戦争を問い続ける出発点に

  • WEBRONZA中川晃教、「天才」そのもの

    『フランケンシュタイン』公演

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ