メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文化大革命

関連キーワード

  • 文化大革命(2016年05月16日 朝刊)

    農工業の急速な発展を目指した「大躍進」政策の失敗などをめぐる党内の路線対立を背景に、毛沢東が始めた政治運動。1966年5月16日に採択された党の通知が起点とされる。劉少奇・国家主席らを「資本主義の道を歩む実権派」などとして失脚させた。毛を崇拝する青少年らは「紅衛兵」となり、「造反有理」のスローガンの下で様々な機関の幹部や文化人らを弾圧。社会は混乱を極め、経済も停滞した。76年に毛の死去と夫人の江青ら「四人組」の逮捕で終結した。

  • 毛沢東の評価(2009年09月28日 朝刊)

    建国の英雄として評価は揺るがないが、50年代末の大躍進運動や66〜76年の文化大革命(文革)では餓死や粛清などで数千万人の犠牲者を生んだ。中国共産党は81年6月に採択した決議で文革を「党と国家と各民族人民に多大な災難をもたらした内乱」と否定したが、毛沢東自身については「功績が第一で誤りが第二」と位置づけた。辛酸をなめた世代がいるため毛沢東を手放しで礼賛する傾向は少ないが、毛沢東の尊厳を汚すような言動は許されないとの認識が一般的だ。

  • 紅歌(2011年01月06日 朝刊)

    共産党をたたえる歌や抗日戦争での軍歌など、毛沢東主席(1893〜1976)の時代によく歌われた中国の革命歌を指す。「紅」とは革命を表す赤色のことだ。多くの国民が迫害された文化大革命の記憶を呼び起こすとして毛嫌いする人がいる一方、青春時代の歌として当時を懐かしむ年配者も少なくない。

最新ニュース

五輪会場近く、今も戦時下の現実 池上彰さんが見た韓国(2017/6/27)

 来年に韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックに向け、ジャーナリストの池上彰さんが韓国を取材するシリーズの第2回。氷上競技が開かれる江陵(カンヌン)市にある統一公園を訪れ、「朝鮮戦[続きを読む]

文化大革命をコトバンクで調べる

写真

  • 平昌の街を見つめる池上さん。向こう側に開閉会式場の建設現場が見える。五輪では、この平昌で主に雪上競技、江陵で氷上競技が行われる
  • 平昌の街を見つめる池上さん。向こう側に開閉会式場の建設現場が見える。五輪では、この平昌で主に雪上競技、江陵で氷上競技が行われる
  • 『中国文化大革命「受難者伝」と「文革大年表」 崇高なる政治スローガンと残酷非道な実態』
  • 「基本的に書くべきことはすべて書いてきた」と語る北京大学の賀衛方教授=5月30日、中国・北京、延与光貞撮影
  • 九州大学で見つかった「春水」
  • 北京大学の賀衛方教授=5月30日、中国・北京、延与光貞撮影
  • 郵便切手の変遷
  • 北京で濃いもやの中を歩く高齢の男性=ロイター
  • 中国で反スパイ法施行後に拘束された日本人
  • 中国で反スパイ法施行後に拘束された日本人
  • 郵便切手の変遷<グラフィック・荻野史杜>
  • ニューヨーク中心部で築90年の由緒あるホテルの上層階に居を構える郭文貴氏=鵜飼啓撮影
  • 中国・チベットのデルゲ印経院の隣にあるゴンチェン寺では、チベット仏教の僧侶と巡礼者が修行をしていた=2016年10月10日、Gilles Sabrie/(C)2017 The New York Times
  • 華為技術の本社にある池には、ブラック・スワンがたたずんでいた=広東省深<Asajikai sjis="●(●はセン,シュウ,シン,〈土へんに川〉)">圳</Asajikai>市、福田直之撮影
  • 1980年代に近隣の県の書記同士だった習近平と栗戦書がともに参加した会議が開かれた大礼堂。現在は廃屋になっている=河北省無極県、古谷浩一撮影
  • 林芙美子が贈った俳句=5日、佐藤慈子撮影
  • 北京の書斎に座る周有光。中国語の漢字発音をローマ字で表記するピンインの父とされる。1月14日、111歳で死去した=Shiho Fukada/(C)2017 The New York Times
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ