メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文化研究

関連キーワード

  • 遠野文化研究センター(2010年11月21日 朝刊)

    4月に、市中心部の空き店舗を利用してオープンの予定。副所長に民俗学者の三浦佑之さん、顧問に山折哲雄さんが内定。市直営で、常駐職員もおき、博物館などとも連携していくとしている。

  • 石見銀山生活文化研究(2014年06月05日 朝刊)

    石見銀山生活文化研究所は1988年に、「田舎の贅沢(ぜいたく)を都会に提案しよう」と、前身の松田屋を設立したのが始まり。洋服や雑貨、カフェのブランド「群言堂」を展開し、大田市大森町に本店を置く。関連店舗は札幌から熊本まで全国28カ所ある。理想の衣食住を実践・提案する場として、2008年から宿泊施設「他郷阿部家」も営業している。

  • 佐倉草ぶえの丘バラ園(2016年10月17日 朝刊)

    2006年4月に開園。バラ文化研究所が、運営していたバラ園「アルバ」のバラを佐倉市に寄贈し、市との協働で草ぶえの丘につくった。新品種を数多く生み出し、ミスターローズと呼ばれた故・鈴木省三氏が集めたバラも譲り受けている。14年には米国のバラ研究機関が殿堂入りバラ園に選定。15年、世界バラ会連合の優秀庭園賞を受賞。イタリアやインドなどのバラ研究家らから数百種類のバラを寄贈されている。

最新ニュース

平安・鎌倉時代の重要文化財"別尊曼荼羅"の保護と未来に伝える「密教図像集」刊行に向けてクラウドファンデングを開始!(2018/2/19)

リリース発行企業:合同会社DOHOP(同朋舎新社)同朋舎新社(社名:合同会社DOHOP、本社:東京都千代田区、代表社員:今田達)は、初公開の国の重要文化財「曼荼羅集」(東寺旧蔵 MOA美術館所蔵)をは…[続きを読む]

写真

  • 琵琶湖疏水記念館=左京区
  • 被災史料の洗浄作業=2016年、東北大災害科学国際研究所
  • 雪が降りしきる中、本狂言「高田馬場十八番切」の第2幕が始まった=酒田市黒森
  • 歌手マドンナ一家の専属シェフなど多くのセレブリティーに食事を提供した経験を生かし、活躍する西邨マユミさん(撮影・小沢裕)
  • グラフィック・大屋信徹
  • 『写真で辿る折口信夫の古代』
  • 休日を過ごす迷彩服姿の若い軍人たち
  • 主要道路の両側に立つ「五分防御壁」。柱の支柱を爆破すると、道路側に倒れてくる仕組みだ。北朝鮮の進攻に備えている=4日、韓国・江原道楊口郡、高野遼撮影
  • ドイツ兵捕虜らの収容所について話す星昌幸さん(左端)=習志野市
  • 講演した磯田道史さん=宮崎市のメディキット県民文化センター
  • 『幼なじみ萌え ラブコメ恋愛文化史』
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ