メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文化研究

関連キーワード

  • 遠野文化研究センター(2010年11月21日 朝刊)

    4月に、市中心部の空き店舗を利用してオープンの予定。副所長に民俗学者の三浦佑之さん、顧問に山折哲雄さんが内定。市直営で、常駐職員もおき、博物館などとも連携していくとしている。

  • 石見銀山生活文化研究(2014年06月05日 朝刊)

    石見銀山生活文化研究所は1988年に、「田舎の贅沢(ぜいたく)を都会に提案しよう」と、前身の松田屋を設立したのが始まり。洋服や雑貨、カフェのブランド「群言堂」を展開し、大田市大森町に本店を置く。関連店舗は札幌から熊本まで全国28カ所ある。理想の衣食住を実践・提案する場として、2008年から宿泊施設「他郷阿部家」も営業している。

  • 佐倉草ぶえの丘バラ園(2016年10月17日 朝刊)

    2006年4月に開園。バラ文化研究所が、運営していたバラ園「アルバ」のバラを佐倉市に寄贈し、市との協働で草ぶえの丘につくった。新品種を数多く生み出し、ミスターローズと呼ばれた故・鈴木省三氏が集めたバラも譲り受けている。14年には米国のバラ研究機関が殿堂入りバラ園に選定。15年、世界バラ会連合の優秀庭園賞を受賞。イタリアやインドなどのバラ研究家らから数百種類のバラを寄贈されている。

最新ニュース

「自動運転の論点」―それは私たちをどこへ連れていくのか ポスト2025年の社会のあるべき姿を考える専門ウェブサイト 2017年3月創刊(2017/3/27)

リリース発行企業:スタイル株式会社スタイル株式会社(東京・港区 代表:竹田 茂)は、2017年3月、自動運転を通して、Post 2025年の社会やビジネスの変化を議論する専門ウェブサイト「自動運転の論[続きを読む]

写真

  • 「海の子」という劇中の本人。「吉岡先生からは常にユーモアをもって話すことも教えられた。僕のあいさつはくそまじめにすることはほとんどない。原稿通りに話すのは英語の時だけ」=本人提供
  • ポーラ文化研究所の富沢洋子・研究員
  • 三休橋筋から望む大阪市中央公会堂=大阪市中央区
  • 比較文学者の芳賀徹さん=静岡市
  • 本殿から若宮神社に続く「御間道(おあいみち)」。石灯籠(いしどうろう)はこの道から建てられ始め、境内に広まったという=奈良市春日野町、伊藤菜々子撮影
  • 国際女性デー 各地で
  • 国際女性デー、各地で
  • 卒業ソングの季節
  • 『徳川家康 われ一人腹を切て、万民を助くべし』
  • 卒業ソングの季節<グラフィック・山田英利子>
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見えない花粉をキャッチ!

    間違いない空気清浄機選び

  • 【&TRAVEL】次にくるのは狛犬ガール?!

    清冽な水が育んだ絶品ラーメン

  • 【&M】生卵のせカレー味スパゲティ

    上野水香さんのイケ麺

  • 【&w】カウントダウンの夜、書店は

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA科学技術立国と言うけれど

    「科学五輪」運営の危機

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ