メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文在寅大統領

関連キーワード

  • 韓国の対北朝鮮政策(2017年06月26日 朝刊)

    保守と進歩(革新)の間で政権が代わるたびに政策を転換させてきた。金大中(キム・デジュン)政権(1998〜2003年)は対話や経済支援により変化を促す「太陽政策」を進め、00年6月に初の南北首脳会談を実現。同じ進歩の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権(03〜08年)もこの路線を継承した。保守に代わり、李明博(イ・ミョンバク)政権(08〜13年)は、核放棄を最優先した政策を採り、朴槿恵政権(13〜17年)は人道支援などで信頼醸成を図る「韓(朝鮮)半島信頼プロセス」を提唱したが、核実験などを受けて強硬姿勢に転じた。9年ぶりの進歩政権となった現在の文在寅政権は対話重視を掲げている。

最新ニュース

文大統領訪日、単独でも検討 日中韓会談遅れれば(2017/12/18)

 韓国政府高官は17日、日中韓首脳会談の開催が遅れた場合、文在寅(ムンジェイン)大統領が単独で訪日することも検討する考えを示した。文氏は5月の就任以来、まだ訪日が実現していない。 高官は、文氏が今月1…[続きを読む]

文在寅をコトバンクで調べる

写真

  • 16日、韓国の文在寅大統領が訪ねた「大韓民国臨時政府旧址陳列館」。建物は復元されたものだという=中国・重慶、武田肇撮影
  • 14日、北京の人民大会堂で首脳会談に臨む中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領=東亜日報提供
  • 8日、江原道庁で行われた韓流スター、チャン・グンソク(中央左)の広報大使委嘱式(同庁提供)
  • 13日、初の中国訪問で北京に到着した韓国の文在寅大統領=武田肇撮影
!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ