メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文部科学省

関連キーワード

  • 文部科学省の専門家会議が示した基準(2010年10月20日 夕刊)

    無償化の適用には、修業年限3年以上▽授業時数が年800時間以上▽体育や芸術などの授業も開設▽教員は教職に関する専門的教育を受けている、などの基準を満たすことが必要だとした。具体的な教育内容は「すでに適用されている他の外国人学校では判断基準にしていない」として入れなかった。同会議は基準以外に「助成金が授業料減額以外に使われるおそれがある」との批判を意識し、文科省が毎年財務書類をチェックする規定や、3年ごとに検証して基準を満たさない場合は適用を取り消す規定をつくるよう提言。同省が検討している。

  • 文部科学省の学校統廃合の手引(2015年03月02日 朝刊)

    標準とされる学校規模(12〜18学級)を下回る場合の対応の目安を示した。小学校の場合、複式学級のある6学級未満なら、市町村に統廃合について検討を求める内容となっている。一方、地域コミュニティーの核としての学校の性格にも配慮し、実情に応じた弾力的な判断も促している。県教育委員会の昨年5月現在のまとめでは、6学級未満の公立小学校は県内に222校あり、全体(530校)の4割強を占め、12学級に満たない学校も398校にのぼる。離島や山間地が多く、統廃合に適さないケースも目立つ。

  • 学習指導要領解説書(2009年12月25日 夕刊)

    学習指導要領は、各教科の目標や内容を文部科学省が定めたもので、解説書は、その内容を明確にするために同省が作成する教員向けの冊子。ほぼ10年に1度の指導要領改訂にあわせてつくられる。「法的拘束力のない文科省作成の著作物という扱い」だが、各出版社が教科書編集の参考にしている。

最新ニュース

原発再稼働「反対」57% 朝日新聞社世論調査(2017/2/21)

 東日本大震災から6年になるのを前に、朝日新聞の18、19日の全国世論調査(電話)では、原子力発電所の運転再開の賛否を尋ねた。「反対」が57%で「賛成」の29%を上回った。「反対」は、内閣支持層でも4[続きを読む]

写真

  • 国際バカロレア認定校となった山梨学院高の新年度のカリキュラムなどについて説明する山内紀幸校長=甲府市酒折2丁目
  • いま停止している原発の運転を再開することに…
  • 小玉教授が作った授業案の一場面
  • 揺れを起こす電源車の前で調査について話す九大の清水洋教授(左)ら=熊本市西区
  • フィリピンの子ども向けに蚊よけブレスレットを開発した三国丘高の6人=堺市堺区
  • 小玉教授が作った授業案の一場面
  • 入学までにかかった費用(2016年度)
  • 夜間中学で勉強したい人を探す県教委作製のチラシ

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見せるデザインを採用

    進化したホットプレート選び

  • 【&TRAVEL】どんぶり一杯京の味を極める

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】超ド級「フェラーリF40」

    小川フミオのモーターカー

  • 【&w】外猫たちのありのままの姿

    気ままに猫だもん。

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA小保方氏の人権を侵害したか

    NHK番組にBPO勧告

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ