メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

【連載】新聞と9条

 日本は戦後、戦争放棄の憲法9条を柱に平和主義の道を歩んできました。しかし、決して穏やかな道のりではありませんでした。新聞は9条の歩みをどう書いてきたのでしょうか。朝日新聞を中心に敗戦から近年までの報道や論評を連載で振り返ります。

写真

  • 住民虐殺について地元の区長から説明を聞くBFPの杉原詩織さん(左)と金子聖奈さん(左から2人目)=2月14日、フィリピン・リパ市、BFP提供
  • 行進する日本軍の傍らで土下座する中国の民衆=1937年11月、中国・江蘇省
  • 保護された北海道当別町を33年ぶりに訪れた劉連仁さん(中央)=1991年10月
  • 新進党が欠席する中、戦後50年の国会決議を採択した衆院本会議=1995年6月9日
  • 沖縄戦終結50年の1995年6月に建てられた「平和の礎(いしじ)」。国籍、軍民の別なく戦没者の名を刻む=95年11月25日、沖縄県糸満市
  • 所信表明演説で「深い反省とおわび」を述べた細川護熙首相=1993年8月23日、衆院本会議場
  • 中国帰還者連絡会が1988年に撫順戦犯管理所跡に建立した謝罪碑=2010年6月20日、筆者写す
  • 日本軍の捕虜になった中国の少年兵=1941年5月、中国・山西省
  • 朝日新聞社主催の全国中等学校優勝野球大会。戦意高揚のスローガンが掲げられた=1940年8月、阪神甲子園球場
  • 日の丸の波に迎えられて富山市内を行進する帰還兵たち=1939年8月
  • 記者会見で持論を語る藤尾正行文相(右端)=1986年9月8日、東京・霞が関の文部省
  • 中曽根内閣の官房長官を務めた後藤田正晴。「憲法9条の改正は不要」とのちに語っていた=1986年7月、首相官邸
  • タイとビルマを結ぶ泰緬(たいめん)鉄道の建設現場。日本軍の虐待などで、連合軍捕虜のほか3万人以上のビルマ人が死亡したとされる=1943年、ビルマ
  • 靖国神社を公式参拝する中曽根康弘首相=1985年8月15日、東京都千代田区
  • 全国戦没者追悼式の会場に入る遺族たち=1985年8月15日、東京・日本武道館
  • 中国側が書いた日本軍への呼びかけ。「松井」は中支那方面軍司令官、松井石根を指すとみられる=1938年4月、中国・安徽省
  • 靖国神社に着いた昭和天皇。これが最後の参拝となった=1975年11月21日、東京都千代田区
  • 戦死者に別れを告げる日本兵=1937年10月、中国・山西省
  • 晩餐会で田中角栄首相のスピーチに聴き入る周恩来首相=1972年9月25日、中国・北京の人民大会堂
  • 欧州から帰国し、「世界平和のため一層の努力を」とお言葉を述べる昭和天皇と香淳皇后=1971年10月14日、東京・羽田空港貴賓室
  • 日中戦争の傷痕をリポートした連載「中国の旅」第1回=1971年8月26日付朝日新聞夕刊
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】あずきバーがフワフワに!

    専用かき氷機

  • 写真

    【&TRAVEL】和菓子の新しいカタチ

    京のひと皿

  • 写真

    【&M】政治学者・姜尚中さんに聞く

    「ダンケルクの奇跡」〈PR〉

  • 写真

    【&w】マタニティブルー乗り越えて

    花のない花屋

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム松浦理英子の少女たちの物語

    日夏がパパで真汐がママで…

  • 写真

    WEBRONZA「安倍9条改憲」ここが危険

    石川健治東京大教授に聞く

  • 写真

    アエラスタイルマガジン常夏ハワイを感じよう!

    Eggs 'n Thingsの限定メニュー

  • 写真

    T JAPAN1日1組限定の宿

    「西陣織の家」に泊まる

  • 写真

    ハフポスト日本版 懐かしの映画女優は今

    胸ときめいた、あの人… 色あせぬ銀幕の美女たち

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ