メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

【連載】新聞と9条

 日本は戦後、戦争放棄の憲法9条を柱に平和主義の道を歩んできました。しかし、決して穏やかな道のりではありませんでした。新聞は9条の歩みをどう書いてきたのでしょうか。朝日新聞を中心に敗戦から近年までの報道や論評を連載で振り返ります。

写真

  • 中国帰還者連絡会が1988年に撫順戦犯管理所跡に建立した謝罪碑=2010年6月20日、筆者写す
  • 日本軍の捕虜になった中国の少年兵=1941年5月、中国・山西省
  • 朝日新聞社主催の全国中等学校優勝野球大会。戦意高揚のスローガンが掲げられた=1940年8月、阪神甲子園球場
  • 日の丸の波に迎えられて富山市内を行進する帰還兵たち=1939年8月
  • 記者会見で持論を語る藤尾正行文相(右端)=1986年9月8日、東京・霞が関の文部省
  • 中曽根内閣の官房長官を務めた後藤田正晴。「憲法9条の改正は不要」とのちに語っていた=1986年7月、首相官邸
  • タイとビルマを結ぶ泰緬(たいめん)鉄道の建設現場。日本軍の虐待などで、連合軍捕虜のほか3万人以上のビルマ人が死亡したとされる=1943年、ビルマ
  • 靖国神社を公式参拝する中曽根康弘首相=1985年8月15日、東京都千代田区
  • 全国戦没者追悼式の会場に入る遺族たち=1985年8月15日、東京・日本武道館
  • 中国側が書いた日本軍への呼びかけ。「松井」は中支那方面軍司令官、松井石根を指すとみられる=1938年4月、中国・安徽省
  • 靖国神社に着いた昭和天皇。これが最後の参拝となった=1975年11月21日、東京都千代田区
  • 戦死者に別れを告げる日本兵=1937年10月、中国・山西省
  • 晩餐会で田中角栄首相のスピーチに聴き入る周恩来首相=1972年9月25日、中国・北京の人民大会堂
  • 欧州から帰国し、「世界平和のため一層の努力を」とお言葉を述べる昭和天皇と香淳皇后=1971年10月14日、東京・羽田空港貴賓室
  • 日中戦争の傷痕をリポートした連載「中国の旅」第1回=1971年8月26日付朝日新聞夕刊
  • 田畑を踏みつぶして進む米軍に、農民が怒りの目を向けた=1967年、南ベトナム中部
  • 千鳥ケ淵戦没者墓苑で正座して合掌する男性=1966年8月15日、東京都千代田区
  • 塔を見学する市民ら。正面の「八紘一宇」の文字は一辺が約1メートルある=2016年8月15日、宮崎市、筆者写す
  • 靖国神社で開かれた全国戦没者追悼式。政教分離に反するとの批判に、政府は「場所を借りただけ」と説明した=1964年8月15日、東京都千代田区
  • 兵隊生活の哀歓を描いた作家、棟田博=1982年
  • 五味川純平。満州でソ連軍と戦い、辛うじて生きのびた経験をもつ=1958年2月、東京都渋谷区の自宅

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】高画質での高速連写を実現!

    話題の新型ミラーレス

  • 【&TRAVEL】くまモン、リカちゃん初就任

    フランス観光親善大使〈PR〉

  • 【&M】タイヤのサイズ表記の読み方

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】根津の「おもちゃ箱」

    おいしいゲストハウス

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA英米のファーストレディーは

    公人か私人か…あり方を考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ