メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新自由主義

関連キーワード

  • ドイツ政党の支持基盤(2009年09月17日 朝刊)

    自由主義市場経済を旗印とする同盟は大資本から中小企業経営者、農家などが支持基盤。SPDは労組が中心。新自由主義的な政策を打ち出すFDPは伝統的に企業経営者の支持を受けてきた。90年連合・緑の党は環境問題に関心を持つ高学歴層や市民グループが支持。左派党は失業者など社会的弱者や低所得者、さらに旧東ドイツ政権の流れをくむことから、旧東独市民に根強い人気がある。

  • 第3の道路線(2010年05月05日 朝刊)

    民営化や規制緩和による競争の導入など新自由主義的な経済政策と、貧富の格差や高い失業率の解消など社会的公正の両方を目指す。ブレア労働党政権がサッチャー保守党政権以来の市場原理主義路線に対抗して採用した。

  • マーガレット・サッチャー氏(2016年07月10日 朝刊)

    1979年から90年まで約11年間、首相を務め、保守的な姿勢と剛腕ぶりから「鉄の女」と呼ばれた。不採算の国営企業の民営化など新自由主義的な構造改革を進め、「英国病」と呼ばれるほど停滞した経済の立て直しを進めた。外交では米国と強く連携し、ソ連など東側陣営に一貫して厳しい態度で臨んだ。82年のフォークランド戦争では南大西洋に艦隊を派遣し、アルゼンチン軍を撃退した。欧州統合については、政治統合への流れを批判して一線を画した。人頭税導入で批判を浴びた末に退陣。2013年死去。

最新ニュース

社会保障充実、財源も論戦 前原氏と枝野氏 民進代表選(2017/8/23)

 民進党代表選の立候補者討論会が22日、日本記者クラブであり、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の論戦が本格化した。両氏が掲げる社会保障の充実に必要な財源をめぐって対立が鮮明に。野党再編に向き合う姿勢[続きを読む]

写真

  • 枝野氏と前原氏の違いは?
  • 法科大学院の志願者と入学者、入試の実施校の推移
  • 『バルカン』
  • 若林正恭さん
  • イラスト・山本美雪
  • 『子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から』
  • 花森安治(右下)が編集した初号から第2世紀53号まで153冊の「暮しの手帖」。花森は表紙のデザインも手がけた
  • 1987年の民主化後の歴代大統領<グラフィック・小倉誼之>
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ