メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 新興国向け低価格車(2010年01月24日 朝刊)

    「安い車づくり」に拍車をかけたのは、インド・タタ自動車の20万円車「ナノ」の登場。人口が多い割に自動車保有率が低い中国やインドに主要自動車メーカーは的を絞る。価格の目安は中間層に手の届く100万円以下。スズキはクリアしているが、トヨタ、ホンダ、日産はこれからだ。

  • FX(2008年11月09日 朝刊)

    98年の外国為替法改正を機に誕生した外為証拠金取引。FX会社に預けた「証拠金」を担保に、最大で担保の数百倍の額の外国通貨を売買することができる。円安傾向なら、ドルを買って円に買い戻せば差益が得られるが、逆に円高に振れると、差損が生じる。米ドルやユーロのほか、新興国の通貨も扱え、土日を除いてほぼ24時間ネットで取引できる。今年1〜3月の取引額は222兆円にのぼる。

  • 太陽光発電の補助制度(2009年03月29日 朝刊)

    都道府県の窓口を通じてJ—PECに申請書を出し、審査に通れば支給される。09年度予算にも200億5千万円(約8万4千件分)が盛り込まれた。94〜05年度にも制度があったが市場規模が当初の60倍に拡大し、価格も6分の1に下がったことなどで打ち切られた。補助制度の整備が進んでいるのは欧州だ。市場拡大を見込んで欧米や新興国の企業が相次いで新規参入している。07年の太陽電池生産量は独Qセルズ社がシャープを抜いて、世界トップに躍り出た。京セラ4位、三洋電機7位など日本企業の技術は高いが、国内市場は伸び悩んでいた。

最新ニュース

トランプ相場、先行きは 専門家「日本株にマイナス」「ドル高円安続く」(2017/1/22)

 トランプ氏の経済政策への期待感から、米国の株高などによる「トランプ相場」に沸いてきた金融市場。20日の大統領就任演説では、大規模なインフラ投資への言及の一方、「米国第一」を掲げる保護主義的な主張も改[続きを読む]

新興国をコトバンクで調べる

写真

  • 「トランプ相場」の円安・株高は一服しつつある
  • 日本銀行の支店長会議に出席する黒田東彦総裁(右から3人目)=16日、東京都中央区の日銀本店

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】スマホとゴーグルで宇宙へ

    新発売のVR玩具

  • 【&TRAVEL】沖縄で人気のフードフェス

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】東京オートサロン2017

    会場彩った美女たちを写真で

  • 【&w】うちは「おかえり~♪」です

    相武紗季×遊川和彦対談

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA青天かつらで際立つ美貌

    星組『燃ゆる風』で七海ひろき

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ