メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新興国

関連キーワード

  • 新興国向け低価格車(2010年01月24日 朝刊)

    「安い車づくり」に拍車をかけたのは、インド・タタ自動車の20万円車「ナノ」の登場。人口が多い割に自動車保有率が低い中国やインドに主要自動車メーカーは的を絞る。価格の目安は中間層に手の届く100万円以下。スズキはクリアしているが、トヨタ、ホンダ、日産はこれからだ。

  • FX(2008年11月09日 朝刊)

    98年の外国為替法改正を機に誕生した外為証拠金取引。FX会社に預けた「証拠金」を担保に、最大で担保の数百倍の額の外国通貨を売買することができる。円安傾向なら、ドルを買って円に買い戻せば差益が得られるが、逆に円高に振れると、差損が生じる。米ドルやユーロのほか、新興国の通貨も扱え、土日を除いてほぼ24時間ネットで取引できる。今年1〜3月の取引額は222兆円にのぼる。

  • 太陽光発電の補助制度(2009年03月29日 朝刊)

    都道府県の窓口を通じてJ—PECに申請書を出し、審査に通れば支給される。09年度予算にも200億5千万円(約8万4千件分)が盛り込まれた。94〜05年度にも制度があったが市場規模が当初の60倍に拡大し、価格も6分の1に下がったことなどで打ち切られた。補助制度の整備が進んでいるのは欧州だ。市場拡大を見込んで欧米や新興国の企業が相次いで新規参入している。07年の太陽電池生産量は独Qセルズ社がシャープを抜いて、世界トップに躍り出た。京セラ4位、三洋電機7位など日本企業の技術は高いが、国内市場は伸び悩んでいた。

最新ニュース

IMF本部「10年後には北京移転も」 ラガルド氏示唆(2017/7/25)

 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、ワシントンでの対談で、「10年後には、ワシントンではなく北京の本部でこの議論をしているかもしれない」と話し、戦後の国際金融体制の主導役を果たした国際[続きを読む]

新興国をコトバンクで調べる

写真

  • IMFの仮想通貨「特別引き出し権(SDR)」の構成通貨に中国の人民元を正式に組み込むにあたりコメントするラガルド専務理事=昨年9月、五十嵐大介撮影
  • ウズベキスタンのタルゴは、日本の新幹線700系にも似た動力車がついている=タシケント、いずれも中川仁樹撮影
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ