メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本たばこ産業

関連キーワード

  • 自販機たばこ税問題(2010年05月08日 朝刊)

    市町村たばこ税(1本あたり約3・3円)は、小売業者から営業所(店舗や自動販売桔ごとの商品発注を受けた日本たばこ産業(JT)などが営業所の所在自治体に納税する仕組み。複数の自治体に営業所を持つ小売業者が、販売実態とは無関係に特定の営業所名義での発注を増やせば、その自治体に税を集中させることができる。このため、業者に自販機を置いてもらって税収を大幅に増やし、見返りに奨励金を支払う自治体が相次いでいることが昨秋に表面化。総務省は販売と納税の実態が大幅に異なるのは不適切と判断し、地方税法改正で奨励金や低利融資など見返りとしての金銭提供が禁止された。市町村が得られるたばこ税の上限も全国平均の3倍から2倍に引き下げられ、これを超えた分は都道府県に納付される。こうした手法でたばこ税収を増やしていた大阪府泉佐野市などは、今後の大幅な減収に備えて財政再建策の見直しなどを迫られている。

  • 非燃焼加熱式たばこ(2017年09月14日 朝刊)

    従来の紙巻きたばこのように、葉タバコを燃やして煙を吸うのではなく、バッテリーで電気的に加熱して葉タバコの成分を含む蒸気を吸う仕組み。火を使わず煙が出ないとされる。フィリップ・モリス・ジャパンの「アイコス」、日本たばこ産業(JT)の「プルーム・テック」、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの「グロー」などがある。

最新ニュース

4年ぶり開催の「アドテック九州 2018」が閉幕。ショッピングなど、テクノロジーによる顧客体験の未来像を示す。カンファレンス&展示会場には全国から834名が来場(2018/4/19)

リリース発行企業:コムエクスポジアム・ジャパン株式会社基調講演には、米・Amazon副社長が来日。公式セッションにも、JR九州、花王、キリン、メルカリなどが登壇。テクノロジーがもたらすマーケティングの…[続きを読む]

写真

  • 長岡実さん
  • 元日本たばこ産業社長の長岡実さん
  • 代表的な銘柄の税額(小売り価格が現状維持の場合)
  • 代表的な銘柄の税額
  • JTの国内たばこ販売が1千億本を割った
  • JTの加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用機器と、機器に差し込むカプセル(全5種類)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ