メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本たばこ産業

関連キーワード

  • 自販機たばこ税問題(2010年05月08日 朝刊)

    市町村たばこ税(1本あたり約3・3円)は、小売業者から営業所(店舗や自動販売桔ごとの商品発注を受けた日本たばこ産業(JT)などが営業所の所在自治体に納税する仕組み。複数の自治体に営業所を持つ小売業者が、販売実態とは無関係に特定の営業所名義での発注を増やせば、その自治体に税を集中させることができる。このため、業者に自販機を置いてもらって税収を大幅に増やし、見返りに奨励金を支払う自治体が相次いでいることが昨秋に表面化。総務省は販売と納税の実態が大幅に異なるのは不適切と判断し、地方税法改正で奨励金や低利融資など見返りとしての金銭提供が禁止された。市町村が得られるたばこ税の上限も全国平均の3倍から2倍に引き下げられ、これを超えた分は都道府県に納付される。こうした手法でたばこ税収を増やしていた大阪府泉佐野市などは、今後の大幅な減収に備えて財政再建策の見直しなどを迫られている。

最新ニュース

<LGBTダイバーシティ推進の現状> フレンドリー企業の取り組み進む 社員主導のプロジェクトも  企業、自治体68名が参加し『第3回LGBT-アライ シンポジウム』5月29日、30日開催(2017/6/27)

LGBTに特化した人材紹介を行う、株式会社Nijiリクルーティング(本社:東京都港区、代表取締役:齋藤敦)は、2017年5月29日、30日の2日間で、企業や自治体とダイバーシティ推進についてディスカッ[続きを読む]

日本たばこ産業をコトバンクで調べる

写真

  • 加熱式たばこは三つどもえの様相
  • 日本人男性の喫煙率と肺がん死亡率(酒井医師作成)
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ