メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本スポーツ振興センター

関連キーワード

  • 日本スポーツ振興センターの災害共済給付(2013年01月10日 朝刊)

    学校や幼稚園、保育所の設置者が保護者らの同意を得てセンターと契約を結び、設置者と保護者が共済掛け金を支払う。2011年度は小中学生の99・9%、高校生の98%が加入していた。掛け金の基本額は、今年度だと小中学校が年額920円、高校(全日制)は1840円。けがや病気の原因が学校管理下で生じた場合に医療費が給付される。

  • 災害共済給付制度(2011年04月23日 朝刊)

    学校の授業中や部活動中、登下校中など「学校の管理下」で起きた事故で児童生徒が死亡・負傷した場合、見舞金や医療費が給付される。保護者、自治体、国の掛け金で運営され、対象は保育園、幼稚園、小中高、特別支援学校と高専。97%の児童生徒が加入する。給付額は死亡見舞金が2800万円、障害が残った場合は82万〜3770万円。保護者の掛け金は小中学校では年400〜500円。事業は文科省所管の独立行政法人・日本スポーツ振興センター(本部・東京都新宿区)が運営する。

最新ニュース

五輪の裏方、軒並み契約終了 雇用、1年ごとに計4年(2017/5/11)

 昨夏のリオ五輪で日本選手を支えたスタッフ33人が3月31日で契約を終えた。再契約は半年後に1度だけ可能だが、すでに別の仕事に就いたケースもあるという。背景には、有期雇用が5年を超えると無期雇用の権利[続きを読む]

日本スポーツ振興センターをコトバンクで調べる

写真

  • スポーツ庁、JSCとスタッフの契約関係
  • スポーツ庁、JSCとスタッフの契約関係
  • 危険な飛び込みの例
  • 危険な飛び込みの例
  • 会場内は全面禁煙で利用される見通しとなった新国立競技場の模型
  • 新国立競技場の建設現場。大型のクレーンの向こうに東京体育館や新宿のビル群が見える=24日午前、東京都新宿区
  • 公開された新国立競技場の建設現場。大型のクレーンの向こうに東京体育館や新宿のビル群が見える=24日午前、東京都新宿区、嶋田達也撮影
  • 山口香さん
  • 学生を指導する楠田さん
  • 両親による組み体操提訴会見
  • 日体大が提案する安全で楽しい組み体操
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】充電式だから好きな場所で

    便利なコードレス扇風機

  • 【&TRAVEL】緑と花々に癒される

    世田谷線のひとり旅

  • 【&M】ならでは商品が面白い!

    トリノ自動車博物館のショップ

  • 【&w】数年待ち、あけび蔓のかご

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

    まさに「マルチタレント」

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ