メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本原子力研究開発機構

関連キーワード

  • 日本原子力研究開発機構(2015年12月18日 朝刊)

    文部科学省が監督する独立行政法人で、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運営など原子力に関連する業務を担う。年間の予算額は約1800億円で、約9割を国の交付金など税金が占める。原子力規制委員会は11月、トラブル続きの「もんじゅ」の運営主体を機構から別の組織に代えるよう文部科学相に勧告した。

  • 日本原子力研究開発機構の量子ビーム応用研究部門(2010年06月09日 朝刊)

    粒子線や電磁波を利用して燃料電池の材料を開発したり、植物を品種改良したりしている。高崎市など4カ所に研究施設がある。高崎にはバイオ研究と産業応用の2部門があり、新酵母の開発はバイオ研究の遺伝子資源研究グループが担っている。

  • 研究機関や医療施設から出る低レベル放射性廃棄物(2009年02月01日 朝刊)

    日本原子力研究開発機構や大学・病院など、原子力発電所以外から出る、放射能を含む廃棄物。研究施設の建物のコンクリートや配管、ゴム手袋、実験機材などで、原発の解体で出た廃棄物も一部含まれる。現在、200リットルドラム缶換算で55万本がそれぞれの施設などで一時保管されている。廃棄物の8割を出す同機構が処分場の建設や運営を行うことが昨年決まった。今年中にも、選定基準や手続きなどの実施計画が決められる予定。交付金については、「電源立地地域対策交付金の活用も含めて検討中」(文部科学省放射性廃棄物企画室)。廃棄物は、地下数メートルから数十メートルの施設に埋められ、300年間管理されるという。原発から出る低レベル放射性廃棄物は、青森県六ケ所村で埋設されている。また、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の候補地は、原子力発電環境整備機構(NUMO)が、市町村を対象に調査地を公募中だが、選定作業は難航している。

最新ニュース

「もんじゅ」報告書提出 原子力機構(2016/08/19)

 機器の点検不備などが相次いでいる高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)について、日本原子力研究開発機構は18日、再発防止策と点検体制の改善策をまとめた報告書を原子力規制委員会に提出した。規制委は今後、[続きを読む]

日本原子力研究開発機構をコトバンクで調べる

写真

  • 馳浩文科相
  • もんじゅに関する会議であいさつする馳浩文部科学相=2015年12月、東京・霞が関
  • 「幌延の窓」から見える地下350メートルの堆積(たいせき)岩の地層=北海道幌延町、白井伸洋撮影
  • 「もんじゅ」=福井県敦賀市
  • 存続が揺れる高速増殖原型炉「もんじゅ」
  • 公開された自動除染装置=敦賀市明神町

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ビジネスバッグに変身!

    「かわるビジネスリュック」

  • 【&TRAVEL】静寂の海とレインフォレスト

    極上ワイルドジャーニー

  • 【&M】ビジネスシーンのリュック

    山本晃弘 男の服飾モノ語り

  • 【&w】日本のパン屋の未来がここに

    連載「このパンがすごい!」

  • ブック・アサヒ・コム浅利慶太インタビュー

    「李香蘭」を企画・構成・演出

  • WEBRONZA牙むいた巨竜・中国に準備を

    「尖閣諸島を奪取する段階に」

  • 写真

    ハフポスト日本版 日本のメダリスト一覧

    41組が見せた、汗と涙と笑顔

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ