メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本大使館

関連キーワード

  • BBC番組問題(2011年08月18日 朝刊)

    出張先の広島で被爆して負傷し、列車で帰り着いた長崎で再び被爆した山口彊さん(2010年1月に93歳で死去)を、英BBCは同年12月のお笑いクイズ番組で「世界一運の悪い男」と紹介。主には原爆投下後も日本で列車が動いていたことを引き合いに英国の鉄道のもろさを笑う内容だったが、司会者が「山口さんが長崎に戻ると、また原爆が投下された」と述べると、大きな笑いも起きた。在英日本大使館や長崎市が抗議し、BBCは謝罪した。

  • 中央アフリカ(2013年03月26日 朝刊)

    国土は日本の約1.7倍、人口約460万人。1960年の独立以降、クーデターや独裁を繰り返し、一時は帝政をしいた。鉱物資源に恵まれるが、政情不安から開発は遅れている。バンギにあった日本大使館は2005年に閉鎖された。

  • 慰安婦問題をめぐる日韓合意(2016年02月16日 朝刊)

    日本政府は慰安婦問題が旧日本軍の関与の下で起きたことを認め、責任を痛感しているとし、韓国政府が作る財団に10億円を拠出することになった。それらを前提に、両政府はこの問題が「最終的かつ不可逆的」に解決されることを確認。韓国政府は、ソウルの日本大使館前の少女像の問題が適切に解決されるよう努力すると表明した。

最新ニュース

韓国、再燃させる歴史問題 文氏支援者、日本批判強める 終戦の日(2017/8/16)

 終戦の日の15日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領はソウルで行われた日本統治からの解放を祝う「光復節」の記念式典で演説し、歴史認識問題を巡る過去の日本の対応に不満を表明した。文政権は過去9年の保守[続きを読む]

写真

  • 15日、光復節記念式典に出席した文在寅夫妻や元慰安婦、元徴用工ら=東亜日報提供
  • 15日昼、ソウルの日本大使館そばで徴用工像の設置を訴える市民団体=李聖鎮撮影
  • 安倍昭恵氏
  • 14日朝、ソウル市を走るバスに登場した少女像に触れる朴元淳(パクウォンスン)市長(ソウル市提供)
  • ソウルの竜山駅前広場で除幕された「強制徴用労働者像」=12日、牧野愛博撮影
  • ソウルの竜山駅前広場で除幕された「強制徴用労働者像」に見入る元徴用工の金漢洙さん(手前)=12日午後、牧野愛博撮影
  • エジプト北部アレクサンドリアで11日、列車が衝突した現場に集まる人々=AFP時事
  • インタビューに答える連合の神津里季生会長=東京都千代田区、池永牧子撮影
  • インタビューに答える連合の神津里季生会長=東京都千代田区、池永牧子撮影
  • 瀬戸内市の国際交流員として採用されたソフィー・ディラードさん
  • 北大アイヌ納骨堂で、返還された遺骨を手にする北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(左)ら関係者=札幌市北区、白井伸洋撮影
  • 遺骨の受け渡しを行うベルリン人類学民族学先史学協会のアレクサンダー・パショス代表(右)と北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(中)=31日、ベルリン、高野弦撮影
  • 日本大使公邸で報道陣の質問に答えるハガティ新駐日大使=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 日本大使公邸で報道陣の質問に答えるハガティ新駐日大使=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • (左から)井上俊次氏(ランティス代表取締役社長)と影山ヒロノブ(写真:鈴木かずなり)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ