メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本女子大

関連キーワード

  • 平塚らいてう(2011年09月09日 朝刊)

    戸籍名は明(はる)。1886〜1971年。東京生まれ。日本女子大卒業後、25歳で青鞜を創刊。画家と事実婚して2児を育て、国家による母性保護を訴えた。第1次世界大戦後、市川房枝らと新婦人協会を結成。第2次大戦後は平和運動に尽力。

  • 広岡浅子(2015年11月05日 夕刊)

    京都の三井家の出身で、加島屋8代目当主広岡久右衛門の次男、信五郎と結婚。明治維新後に危機に陥った加島屋の経営を立て直し、筑豊の炭鉱経営も手がけた。日本初の女子大、日本女子大学校(現在の日本女子大)の創設にも尽力した。座右の銘は「九転十起」。

最新ニュース

写真・図版

大切な思い、歌に込め 第70回全日本合唱コンクール全国大会(2017/10/17)

 第70回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)は、中学校・高校部門が28、29日に大阪市のフェスティバルホールであり、その様子は全国約30カ所でほぼ同時に中継されます。また大…[続きを読む]

写真

  • 普段使う公民館が使えず、日が暮れた校内の中庭で練習する合唱部員たち=熊本県菊陽町久保田
  • 美しいハーモニーを披露した日本女子大付属=浜松市中区のアクトシティ浜松
  • 美しいハーモニーを披露した市川高=浜松市中区のアクトシティ浜松
  • 美しいハーモニーを披露した藤枝順心中・高=浜松市中区のアクトシティ浜松
  • 美しいハーモニーを披露した渋川女子=浜松市中区のアクトシティ浜松
  • 高畑淳子
  • 心絆ちゃん(手前)は寝返りもできるようになった。おにいちゃんの一絆君(奥)は電車の模型で遊ぶのが大好きだ=7月、伊藤進之介撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ