メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本相撲協会

関連キーワード

  • 日本相撲協会の懲戒処分(2010年06月29日 朝刊)

    除名、解雇、番付降下、出場停止、減俸、譴責(けんせき)の6種類。除名には理事会、評議員会で、それぞれ4分の3以上の賛成による特別決議が必要で、退職金は支給しない。解雇以下の処分は理事会の過半数の賛成で決められる。解雇は退職金が出るが、理事会決議で支払いを停止できる。

  • 日本相撲協会顧問の現金授受問題(2014年08月30日 朝刊)

    遊技機器に力士の肖像を使う契約を巡り、協会の50代の男性顧問が、パチンコ業者と協会を仲介した人物から現金を受け取っている動画がネット上に流れて発覚した。顧問が帯封つきの現金500万円を紙袋から取りだし、袋に戻す様子などが映っている。協会の危機管理委は、顧問は別の日にも1200万円を受け取ったが、いずれも別の人物を通じて返却したと認定した。顧問に現金をわたした人物は朝日新聞の取材に「金は返してもらっていない」と答えている。

  • 週刊現代の八百長疑惑報道(2008年10月04日 朝刊)

    「横綱・朝青龍の八百長を告発する!」など、07年2月から3回にわたって大相撲の八百長疑惑を報じた。「『下位力士から一番80万円で星を買っている』との重大証言」(07年2月3日号)など、朝青龍が優勝した06年九州場所や07年初場所などで八百長が行われていたと書いた。日本相撲協会や記事で名指しされた力士らが発行元の講談社などを相手取り、損害賠償と謝罪広告掲載を求める訴訟を起こした。

最新ニュース

写真・図版

大相撲の中継、18時に終わるのはなぜ? 魅力を探る(2017/10/15)

 「だらだらしている」。取組以外の時間が長いことから、大相撲中継は時にそう批判されることがある。本当か? 今や人気が過熱してチケットがなかなかとれない大相撲だが、1等席はテレビの前かもしれない。中継の…[続きを読む]

写真

  • 大相撲中継
  • グラフィック・白岩淳
  • 三戸町出身の横綱鏡里が大関時代、巣鴨プリズンを慰問し、贈られた書などが展示されている=青森市
  • 9月27日放送、テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、マツコ(右)がかねてから熱望していた“大銀杏を結う”(C)テレビ朝日
  • 朝乃山(右)は魁聖を破って勝ち越しを決める=恵原弘太郎撮影
  • 相撲場の復活を記念して、地元の愛好家が取組を披露した=17日午前、台湾・桃園、西本秀撮影 
  • 相撲場の復活を記念して、地元の愛好家が取組を披露した=17日午前、台湾・桃園、西本秀撮影
  • 照ノ富士
  • 照ノ富士
  • 大相撲秋場所で休場した幕内力士
  • 日馬富士(右)は琴奨菊に寄り切りで敗れた=恵原弘太郎撮影
  • 宇良が欠場し、土俵上では逸ノ城の不戦勝が告げられた=飯塚晋一撮影
  • 大相撲秋場所で休場した幕内力士
  • 貴景勝に突き倒しで敗れ、土俵に手をついて立ち上がろうとする宇良(左)=恵原弘太郎撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ