メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本軍

関連キーワード

  • 沖縄戦の日本軍(2013年06月23日 朝刊)

    1945年3〜6月の沖縄戦で沖縄守備にあたった第32軍は、戦闘を長びかせることで米軍の本土上陸を遅らせる作戦をとった。沖縄本島と離島を合わせた兵員は約11万人。米軍は約55万人と圧倒的な差があった。戦死者は米軍が約1万2500人で、日本軍は約9万4千人(うち沖縄県民の軍人軍属は約2万8千人)に上った。45年6月23日に日本軍の組織的戦闘は終結した。

  • 日本軍の毒ガス兵器被害(2015年08月01日 夕刊)

    日本軍は猛毒のイペリット(マスタードガス)などの毒ガス兵器を中国に持ち込み、終戦時に地中や川に遺棄。戦後、建設工事や農作業などをしていた住民らが漏れ出した有毒物質に触れて死傷する事故が各地で起きた。

  • 日本軍の連合国軍捕虜(2015年08月12日 朝刊)

    防衛省防衛研究所などによると、太平洋戦争中に日本軍が捕らえた捕虜と衛生兵は約16万8千人。アジアの占領地で鉄道や道路の建設に従事させ、一部は日本に連行して炭鉱や造船所で働かせた。飢えや虐待などで少なくとも3万8千人が死亡したとされる。戦後、虐待に関わった軍人らは戦犯裁判で追及され、死刑判決も多く下された。POW研究会によると、1990年代以降、元捕虜が日本政府や企業を相次いで訴えたが、すべて退かれた。三菱マテリアルは7月、鉱山で労働を強いた米国人捕虜や遺族に対し、初めて公式謝罪した。

最新ニュース

現在のクイーンズランド州最高裁判所。ウィリアム・ウェッブは連邦最高裁判所判事になる前、同州最高裁で裁判長を務めた=ブリスベン、郷富佐子撮影

(@シドニー)ウェッブ裁判長の足跡を追って(2016/06/25)

■特派員リポート 郷富佐子(シドニー支局長) 日本の戦争指導者を裁いた東京裁判(正式名・極東国際軍事裁判)の開廷から、今年の5月3日で70年となった。裁判長を務めたのは、オーストラリア人のウィリアム・[続きを読む]

写真

  • 現在のクイーンズランド州最高裁判所。ウィリアム・ウェッブは連邦最高裁判所判事になる前、同州最高裁で裁判長を務めた=ブリスベン、郷富佐子撮影
  • 沖縄師範学校の学徒たちが戦没した「健児の塔」下のガマ(壕〈ごう〉)では、多くの人たちが訪れ犠牲者に手を合わせていた=23日午前9時39分、沖縄県糸満市、上田幸一撮影
  • 沖縄戦で亡くなった家族の享年などが書かれた過去帳を見る親富祖清武さん(左)と妻のハツ子さん=沖縄県浦添市
  • インタビューに応じる林冨士夫さん=映画「人間爆弾『桜花』」から(C)Comme des Cine(eは鋭アクセント付き)mas
  • 元ひめゆり学徒隊員から沖縄戦の惨状について聴く大船渡市の小学生=今年1月13日、沖縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館、村田さん提供
  • 「平和の礎」に刻まれた兄の名に手を触れ涙を流す遺族=23日午前9時22分、沖縄県糸満市、小宮路勝撮影
  • 糸満南部の道で大破している米海兵隊の戦車(1945年6月16日撮影、沖縄県公文書館提供)
  • 名前が刻まれた「平和の礎」に向かい手を合わせる人たち=23日午前7時5分、沖縄県糸満市、小宮路勝撮影
  • 避難先から米軍車両で村に帰る女性や子どもたち。沖縄戦「終結」後の写真とみられる(1945年、米軍撮影)
  • 海上に米艦隊が並び、侵攻する様子。陸側からとらえたカラー写真が残る(沖縄県公文書館提供)
  • 上下高の生徒に教わりながら、けん玉に挑戦するアメリカス市の生徒たち=府中市上下町
  • 捕虜収容所の外観。300人余りの日本兵捕虜の多くが「ふんどし」か軍服姿だが、着物姿の人もいる(1945年6月撮影、沖縄県公文書館提供)
  • NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』ヒロイン・常子たちにも愛情深かった森田屋の大女将・まつを好演した秋野暢子(C)NHK
  • 那覇から2マイル北で起きた丘での戦い。「米海兵隊の猛攻撃の後、日本軍は壊滅された」と写真説明に書かれている(1945年5月撮影、沖縄県公文書館提供)
  • 散乱したがれき、器具類や兵士たちをシュガーローフ・ヒルから見下ろす。後方で投げ込まれた手投げ弾が炸裂(さくれつ)した(1945年5月23日撮影、沖縄県公文書館提供)
  • 国際法の流れと日本国内の動き<グラフィック・前川明子>
  • 1983年の日本映画「東京裁判」(小林正樹監督)の映像を見せながら、父のレーリンク判事について語るヒューゴさん=4月1日、オランダ・ハーグ、梅原季哉撮影
  • 日本軍の狙撃班が使っていた壕を米海兵隊員が攻撃した際、けがをした地元の少女。薬剤師助手の米兵が保護した際の写真という(1945年5月10日撮影、沖縄県公文書館提供)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】炊き上がったらすぐ冷凍

    ごはんをおいしく保存するコツ

  • 片思いの女性に。恋が成就

    メイド・イン・京都の傘

  • 【&M】引退で自信も目標も失って…

    高橋大輔さんの「私の一枚」

  • 【&w】がむしゃらに働いてきた父へ

    花のない花屋

  • ブック・アサヒ・コム読者の悩みに斎藤環が回答

    どっちの宗教がいいでしょう?

  • WEBRONZA小学校のプログラミング教育

    教育の再プログラミングが課題

  • 写真

    ハフポスト日本版 ユーロ2016を彩る美女サポーター

    応援する女性たちが熱い

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ