メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 日本銀行の緊急措置(2009年10月28日 朝刊)

    昨年9月の米証券大手リーマンブラザーズの破綻(はたん)後、国内のCPや社債の取引市場で金融機関同士の取引が凍り付き、金利が急上昇。市場の緊張を和らげるため、日銀はCPや社債といったリスクのある資産を直接買い入れ、金融機関に資金供給する措置を開始。社債などを担保に金融機関に資金を無制限に供給する措置も実施した。中央銀行が直接企業のリスク資産を買い入れるのは異例。

  • 日本銀行の追加金融緩和(2010年12月22日 朝刊)

    円高で景気の先行き不安が高まったのを受けて10月5日に打ち出した。柱は次の三つ。(1)政策金利を従来の「年0・1%前後」から「年0〜0・1%」に引き下げ、約4年3カ月ぶりに事実上の「ゼロ金利政策」に復帰、(2)「物価の安定が展望できる情勢になった」と判断するまでゼロ金利を続ける「時間軸政策」を導入、(3)5兆円で国債のほか、不動産投資信託(J—REIT)や株価指数連動型上場投資信託(ETF)などの購入を始めるため、従来の資金供給と合わせて計35兆円の基金を創設。損失の恐れがあるETFとJ—REITを日銀が買うのは初めて。

  • 日本銀行の過去最大の金融緩和(2014年03月15日 朝刊)

    2015年までの2年で物価上昇率を2%に引き上げる、という目標を達成するため、日銀が市場に流すお金の量を14年末までに2倍に増やす。銀行同士で短期間貸し借りする市場の金利は実質ゼロ%まで下がり、日銀はもう下げられない。このため、金融機関がもつ国債を大量に買って市場にお金を流し、銀行が企業や個人に長期間貸す時の金利なども下がるようにする。景気回復への期待を高め、投資や消費を活発にするねらいがある。過去の緩和と規模や内容が違うことから、日銀は「量的・質的金融緩和」と呼ぶ。

最新ニュース

日銀、金融政策の現状維持を決定 景気判断も据え置き(2014/12/19)

 日本銀行は19日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決めた。10月末に国債などを買う額を追加した大規模な金融緩和を続ける。景気の基調判断は「緩やかな回復を続けている」とし、前回までの表現を据え[続きを読む]

日本銀行をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • ドル円相場と日経平均を表示する電光掲示板=16日午後、東京都千代田区
  • アベノミクス、「この道」は険しい道
  • 自動車部品の金型をつくる鉄工所。円安を背景に原材料の仕入れ値は上昇している=広島市西区
  • アベノミクスの成果と課題/消費税率10%を前提とする政策の来年度実施見通しは…

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング年末年始の人気旅行地は?

    出発のピークは12月28日

  • ブック・アサヒ・コム松尾貴史さんの忘れない本

    省エネな浅瀬川流遊び方に衝撃

  • 【&M】BMW初のFFモデルに試乗

    車好きには今年一番の注目!

  • 【&w】熱々のラクレットをほお張る

    スイス伝統料理とワインの店

  • AstandSTAP騒動とは何だったのか

    発見から現在までをふりかえる

  • 写真

    ハフポスト日本版 「東海道五十三次」

    実は53枚ではなかった

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報