メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日立市

関連キーワード

  • 日立市の戦災(2015年08月13日 朝刊)

    太平洋戦争末期、軍需工場だった日立製作所がある日立市は米軍の空襲が相次いだ。このうち大きな攻撃は3度あった。市が1982年に発行した「日立戦災史」によると、最初は45年6月10日朝のB29による空襲だ。100機を超える編隊が海岸工場などに1トン爆弾508発(米軍記録では806発)を投下。工場内の防空壕が直撃されるなどして社員と周辺住民約1200人が死亡した。7月17日夜には艦砲射撃の攻撃を受けた。日立沖合にきた米艦隊が山手、多賀工場などを砲撃、周辺住民を含め多数の死者が出た。2日後の19日深夜から翌日未明にはB29、127機による焼夷弾攻撃を受けた。1万3900発が投下され、工場と市内の建物密集地の6割以上が破壊された。3回の戦災による死者は合計1500人以上、被害戸数1万5千戸、被災者約7万4千人とされる。

最新ニュース

茨城)常磐大に期日前投票所 学生が運営協力 知事選(2017/8/22)

 常磐大学(水戸市)に21日、1日限定で知事選の期日前投票所が設置された。夏休み中で学内に学生の姿はほとんど見られなかったが、94人が投票した。 投票所には午前10時の開始とともに、近隣住民や大学職員[続きを読む]

日立市をコトバンクで調べる

写真

  • 常磐大学内の期日前投票所で、1票を投じる学生(左端)。投票立会人も学生が務めた=水戸市見和1丁目
  • 全日本理事長賞に輝いたM.L.R.=日立シビックセンター
  • 日立市役所旧庁舎の壁に事前に色とりどりの顔の形を描くミウラナオコさん=日立市
  • 日立市が受けた艦砲射撃の体験者(右)に話を聞く村上ゼミの学生=同市内
  • 朝日賞に選ばれた茨城大学吹奏楽団=県民文化センター
  • 鳥ポックス症を発症したと思われる岐阜市のウミウ。くちばしの付け根付近にイボができた=ウミウ捕獲技術保存協議会提供
  • コーラスの男女と歌声を合わせる加藤登紀子さん(手前右)=水戸市の県総合福祉会館
  • 横綱土俵入りを披露する稀勢の里=日立市
  • 夏場所初日に「北斗の拳」の化粧まわしで土俵入りした稀勢の里(右)=池田良撮影
  • 鳥ポックス症になった京都・嵐山のウミウ。目の右側にイボがある(ウミウ捕獲技術保存協議会提供)
  • 胸や後襟の下に「いばラッキー」の刺<Asajikai sjis="繍">繡</Asajikai>が施されたオリジナルポロシャツ=日立市役所
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ