メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日米安保条約

関連キーワード

  • 米軍機の飛行(2014年10月30日 夕刊)

    日米安保条約で国内での訓練を認められ、在日米軍の日本での権限を定めた日米地位協定に基づき、基地間や基地と民間空港の間を移動できる。協定に伴う特例法で、「最低安全高度」など日本の航空法の一部の適用が除外され、全国で低空飛行訓練を実施。部品の落下や騒音が問題になっている。

  • 核持ち込みをめぐる日米密約(2008年12月22日 朝刊)

    60年1月の日米安保条約改正時に、日本国内での核兵器貯蔵・配備は日米間の事前協議が必要としたが、秘密合意で核兵器を積んだ米艦船の寄港、航空機の領空の一時通過などの場合、事前協議は不要とした。00年に米政府の公文書で明るみに出た。日本政府は密約の存在を否定している。

  • 核持ち込みをめぐる日米間の密約(2009年08月15日 朝刊)

    60年の日米安保条約改定時に、日本国内へ核兵器を持ち込む場合などには、日米間の事前の協議が必要と定められた。しかし、核兵器を積んだ米艦船や航空機の領空・領海の一時通過や寄港などの場合は事前協議は不要とする秘密合意があった。米側で見つかった当時の討議記録には、事前協議は「米軍機の日本飛来、米海軍艦艇の日本領海並びに港湾への進入に関する現行の手続きに影響を与えない」と記されている。74年にラロック元海軍少将が米議会で「米艦は日本寄港の際、核武装を解かない」と証言。81年にはライシャワー元駐日大使が「核兵器を積んだ艦船の寄港は、核持ち込みにはあたらない。日米間で、口頭了解がある」と発言した。今年になって村田良平元外務事務次官も密約の存在を証言したが、政府は一貫して否定し続けている。

最新ニュース

沖縄との溝―本土日本人は植民地主義と決別を(2017/12/28)

「第二の加害者」 2016年4月、元在沖海兵隊員の男が沖縄本島中部に住む20歳の女性を暴行・殺害する事件が起きた。那覇地裁は2017年12月、この男に求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。 事件から2カ…[続きを読む]

写真

  • 1年間の激しい米中戦争で見積もられる両国の経済的損失
  • 米原子力空母3隻に海自護衛艦が続く陣形で日本海を航行した(11月12日、海上自衛隊提供)
  • 1年間の激しい米中戦争で見積もられる両国の経済的な損失
  • 主な在日米軍基地/米軍の海外駐留兵力数
  • 集会で出た共産党への疑問に対する志位委員長の答えは
  • 集会で出た共産党への疑問に対する志位和夫委員長の答えは
  • 野党再編をめぐる経緯
  • 野党再編をめぐる経緯
  • 元被告の武藤軍一郎さん=福岡県篠栗町
  • ゴルフ中にグータッチをする安倍晋三首相(右)とトランプ米大統領。プロゴルファーの松山英樹選手(右から2人目)も同伴した=内閣広報室提供
  • 来日した歴代の米国大統領はこんなこともした
  • 来日した歴代の米国大統領はこんなこともした
  • 中国を訪れ、北京市郊外の万里の長城「八達嶺」を歩く両陛下=1992年10月24日
  • 中国を訪れ、北京市郊外の万里の長城「八達嶺」を歩く両陛下=1992年10月24日
  •   
  • 演説を終え、集まった人に手を上げて応える共産党の志位和夫委員長=10日、大阪市北区、筋野健太撮影
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ