メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日米安保条約

関連キーワード

  • 米軍機の飛行(2014年10月30日 夕刊)

    日米安保条約で国内での訓練を認められ、在日米軍の日本での権限を定めた日米地位協定に基づき、基地間や基地と民間空港の間を移動できる。協定に伴う特例法で、「最低安全高度」など日本の航空法の一部の適用が除外され、全国で低空飛行訓練を実施。部品の落下や騒音が問題になっている。

  • 核持ち込みをめぐる日米密約(2008年12月22日 朝刊)

    60年1月の日米安保条約改正時に、日本国内での核兵器貯蔵・配備は日米間の事前協議が必要としたが、秘密合意で核兵器を積んだ米艦船の寄港、航空機の領空の一時通過などの場合、事前協議は不要とした。00年に米政府の公文書で明るみに出た。日本政府は密約の存在を否定している。

  • 核持ち込みをめぐる日米間の密約(2009年08月15日 朝刊)

    60年の日米安保条約改定時に、日本国内へ核兵器を持ち込む場合などには、日米間の事前の協議が必要と定められた。しかし、核兵器を積んだ米艦船や航空機の領空・領海の一時通過や寄港などの場合は事前協議は不要とする秘密合意があった。米側で見つかった当時の討議記録には、事前協議は「米軍機の日本飛来、米海軍艦艇の日本領海並びに港湾への進入に関する現行の手続きに影響を与えない」と記されている。74年にラロック元海軍少将が米議会で「米艦は日本寄港の際、核武装を解かない」と証言。81年にはライシャワー元駐日大使が「核兵器を積んだ艦船の寄港は、核持ち込みにはあたらない。日米間で、口頭了解がある」と発言した。今年になって村田良平元外務事務次官も密約の存在を証言したが、政府は一貫して否定し続けている。

最新ニュース

国連核軍縮作業部会で、報告書案の賛否を問う投票で棄権を表明する日本の佐野利男軍縮大使(右)=19日、松尾一郎撮影

核禁止論議、国連総会へ 条約交渉促す報告書、異例の投票採決(2016/08/21)

 スイス・ジュネーブで開かれていた国連核軍縮作業部会が19日、核兵器禁止条約の締結交渉を来年中に始めるよう国連総会に勧告する報告書を賛成多数で採択した。ただ、核保有国を巻き込んだ実効性のある条約ができ[続きを読む]

日米安保条約をコトバンクで調べる

写真

  • 国連核軍縮作業部会で、報告書案の賛否を問う投票で棄権を表明する日本の佐野利男軍縮大使(右)=19日、松尾一郎撮影
  • 住宅地に囲まれた米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市、本社ヘリから
  • 住宅地に囲まれた米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市、本社ヘリから
  • 安保関連法案に反対する国会前デモに約10万人が参加した=2015年8月30日、本社ヘリから、岩下毅撮影
  • 北海道視察のため航空自衛隊のジェット練習機に乗り込む中曽根康弘・防衛庁長官=1970年1月
  • 米海兵隊基地「キャンプ・シュワブ」のフェンスに、安全保障関連法廃止を訴える横断幕が結びつけられていた=6月18日、沖縄県名護市辺野古
  • 共産党と野党共闘の歩み
  • イラスト・米沢章憲
  • 討論会に臨む各党の党首=21日午後、東京都千代田区、越田省吾撮影
  • 都庁を退庁する舛添要一都知事=20日午後4時3分、東京都新宿区、恵原弘太郎
  • 矢部宏治氏  
  • 公明党・山口那津男代表

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ビジネスバッグに変身!

    「かわるビジネスリュック」

  • 【&TRAVEL】静寂の海とレインフォレスト

    極上ワイルドジャーニー

  • 【&M】ビジネスシーンのリュック

    山本晃弘 男の服飾モノ語り

  • 【&w】日本のパン屋の未来がここに

    連載「このパンがすごい!」

  • ブック・アサヒ・コム浅利慶太インタビュー

    「李香蘭」を企画・構成・演出

  • WEBRONZA牙むいた巨竜・中国に準備を

    「尖閣諸島を奪取する段階に」

  • 写真

    ハフポスト日本版 日本のメダリスト一覧

    41組が見せた、汗と涙と笑顔

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ