メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

明治政府

関連キーワード

  • 秩父事件(2011年06月29日 朝刊)

    1884(明治17)年11月1日、秩父地方を中心に長野、群馬県などの養蚕農家や自由党員数千人が、借金延納や減税などを求めて武装蜂起した。しかし、警察や軍隊を動員した明治政府によって、同月9日、鎮圧された。30人以上が戦死、警察官5人が殉職した。裁判の結果、死刑12人を含む計3821人が処罰され、うち二十数人が獄死した。

  • 海堡(2010年07月29日 朝刊)

    富津岬の先端西約1キロに第1海堡、その西約2.5キロの東京湾口にあるのが第2海堡。列強から首都を守る要塞(ようさい)として明治政府が造った砲台付きの人工島。1890年完成の第1海堡は約2万3千平方メートル、1914年完工の第2海堡は約4万1千平方メートルある。21年完成の第3海堡は2年後の関東大震災で水没、暗礁化して東京湾航路の船舶交通に危険なため、2007年に撤去された。

  • 佐賀の乱(2015年09月24日 朝刊)

    1874年2月、佐賀で起こった士族の反乱。佐賀藩士出身で明治政府の司法卿などを務め、征韓論を唱えて敗れた江藤新平らが主導した。一時は県庁を占拠したが、博多から南下した政府軍と朝日山で交戦して敗走を重ね、まもなく鎮圧された。

最新ニュース

「自立性」こそ国際化教育の核(2017/7/24)

 「国際化とは何か」については識者の間で意見が分かれる。文部科学省は、子供の時から英語を聞き、英語をしゃべる訓練をしっかりする必要があると言い、「小学校から英語教育だ」と結論する。中国ではずいぶん前か[続きを読む]

写真

  • 「ポイント」 絵・皆川明
  • この日、今年最高の32・3度を記録した長崎市。信徒らは整然と列をつくって約40分間歩き、浦上天主堂(奥)に入った=16日午後、長崎市、真野啓太撮影
  • 「北海道(ほっかいどう)の名付け親」とされる松浦武四郎(三重県松阪市・松浦武四郎記念館提供)
  • 今春オープンした県立高知城歴史博物館
  • 洲本城から望む大浜と洲本市街地。「洲本八景」のひとつにも数えられる
  • 征韓論にまつわる年表など
  • グラフィック・前川明子
  • (左)困民党が敗れ去った八ケ岳のふもと。梅雨の晴れ間の下、高原野菜畑が広がる(右)海尻橋では歴史愛好家らが、困民党の足跡をたどっていた=いずれも長野県南牧村
  • 国道291号が通る清水峠。JR東日本の送電線監視所がぽつんと立つ。ここを境に左が越後、右が上州。正面奥の新潟側の山の中腹を緩やかに上っていく道筋が白く見える=新潟・群馬県境、本社ヘリから
  • 国道291号が通る清水峠。JR東日本の送電線監視所がぽつんと立つ。ここを境に左が越後、右が上州。正面奥の新潟側の山の中腹を左から右へ緩やかに上っていく道筋が白く見える=新潟・群馬県境、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影
  • 南方熊楠役の千葉茂則
  • 最後の見学会が催される奈良少年刑務所=奈良市般若寺町
  •   
  • 現在の「樹木葬墓地」。樹木の根元に木製の名札がある。日当たりが良くなった里山には「在来の植生が戻ってきた」と千坂さん=岩手県一関市の知勝院
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ