メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

明治維新

関連キーワード

  • 江原素六(2008年09月06日 朝刊)

    江戸生まれの幕臣で、明治維新により沼津に移住。旧制の静岡師範学校や沼津中学の校長、静岡県議会議員などを務めたほか、沼津兵学校の設立や士族授産に尽力した。国有地となった愛鷹山の払い下げに功績があったことでも知られる。後半生は衆院議員、貴族院議員を務め、自由党・政友会の長老として影響力を発揮した。

  • 生麦事件(2014年05月03日 朝刊)

    1862年9月14日、薩摩藩の島津久光の一行が江戸からの帰路、東海道の生麦村(現・横浜市鶴見区)で馬に乗った英国人4人と遭遇。英国人が馬を下りずに行列を乱したのを無礼とし、藩士が刀で切りつけて1人が死亡、2人がけがをした。薩摩藩は賠償請求と藩士の引き渡しを拒み、薩英戦争に発展。敗北して近代化の必要性を痛感した同藩は攘夷(じょうい)論から開国論に転じ、これを機に開国、明治維新の流れができたと言われる。

  • 蓬莱橋(2009年09月04日 朝刊)

    幅2・7メートル、全長897・4メートル。明治維新後に開かれた開墾地と対岸の市街を行き来するために1879(明治12)年に架けられた。何度も水害で流され、1965年に今の姿となった。蓬莱橋土地改良区が維持管理する農道で、通行料は大人100円、子ども10円、自転車100円。

最新ニュース

(MONDAY解説)森友問題で注目、「憲法に反する」指摘 戦後72年、生き返る教育勅語 渡辺勉(2017/8/14)

 ■NEWS 森友学園の幼稚園児らが暗唱して注目された教育勅語。127年前に明治天皇の名で出され、「臣民」が守るべき道徳の基本とされて、戦時動員体制では精神的支柱となった。しかし、戦後は日本国憲法と相[続きを読む]

写真

  • 畳の間で教育勅語を唱和する園児たち=大阪の私立幼稚園で
  • 畳の間で教育勅語を唱和する園児たち=大阪の私立幼稚園で
  • 『「維新革命」への道 「文明」を求めた十九世紀日本』
  • インタビューに応じる映画「朴烈」のイ・ジュンイク監督=ソウル、武田肇撮影
  • 8月12日放送、BSジャパン『歴史散歩偉人たちの末裔は今?』でメディア初公開される西郷隆盛の肖像画。犬、連れていますね(C)BSジャパン
  • 『遠野物語』を見聞できる「とおの物語の館」
  • 広島城天守。原爆で倒壊し、1958(昭和33)年に再建された
  • 異なる葉の色で描かれた西郷隆盛の田んぼアート=全日写連・二宮忠信さん撮影
  • 西郷隆盛の肖像画や像が展示された会場=鹿児島市
  • 梅田雲浜の生涯について講演する梅田昌彦氏=福井市西木田2丁目
  • 提灯と傘の花も咲いた夕暮れの小江戸を歩く人たち=川越市幸町
  • 経済波及効果について発表する林健司支店長=鹿児島市
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ