メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

景品表示法

関連キーワード

  • JAS法と景品表示法(2013年11月12日 朝刊)

    生鮮食品や加工食品を販売する際、原材料や産地表示などはJAS(日本農林規格)法のルールがあり、違反した場合、罰則もある。外食のメニューは対象外で、商品、サービスなどの表示全般を規制する景品表示法が適用されることが多い。JAS法などを一元化した食品表示法が2015年に施行されるが、外食は対象外。

  • 不当景品(2009年01月14日 夕刊)

    商品やサービスそのものの価格に比べて高額な「おまけ」を使い、顧客を不当におびきよせることは、公正な競争をゆがめるとして、景品表示法で禁じられている。景品は、クイズなどに答えて当選した人にだけ与えられる「懸賞」と、商品を買えば全員漏れなくもらえる「総付景品」の2種類がある。懸賞は、商品を買わなくても、簡単なクイズなどに答えれば抽選でもらえる「オープン懸賞」と、商品やサービスの購入時に渡される抽選券などが必要な「クローズド懸賞」にわかれる。オープン懸賞は現在、景品の金額に上限がなく、クローズド懸賞は上限を10万円(商店街などが共同でやる懸賞は30万円)としている。総付景品の最高額は、本体価格の20%までだ。

  • 牛の成型肉と牛脂注入肉(2013年11月02日 朝刊)

    成型肉は牛の生肉や脂身に酵素添加物などを加え、人工的につなぎ合わせる。牛脂注入肉(牛脂注入加工肉)は、牛脂と水あめなどを混ぜ合わせたものを注入して人工的に霜降り状にする。加工肉などと明示せずに、単に成型肉を「ビーフステーキ」、牛脂注入肉を「霜降りビーフステーキ」などと表示すると景品表示法違反(優良誤認)にあたる可能性がある。

最新ニュース

アディーレ巡り窓口増要請 東京弁護士会(2017/10/19)

 景品表示法違反の広告で「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が東京弁護士会から業務停止2カ月の処分を受けた問題で、同弁護士会は18日、相談窓口を全国の弁護士会に広げるよう日本弁護士連合会に要請した。…[続きを読む]

写真

  • 弁護士の懲戒の流れ
  • 弁護士の懲戒の流れ
  • 格安SIM業界では激しい競争が続く=楽天モバイルの店舗、楽天提供
  • 格安SIM業界では、激しい競争が続く(秋田県の楽天モバイルの店舗、楽天提供)
  • 東京ゲームショウで公開された「eスポーツ」の対戦
  • 東京ゲームショウのステージで公開された「eスポーツ」の対戦=21日午後、千葉市美浜区の幕張メッセ、林敏行撮影
  • 消費者庁が「おとり広告」としたソフトバンクのホームページの表示(消費者庁提供)
  • イラスト・たかはしよしこ
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ