メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

最終処分場

関連キーワード

  • 高レベル放射性廃棄物の最終処分場(2009年03月15日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料からウランなどを再処理工場で取り出すと、放射能レベルの高い廃液が出る。いわば「原発のごみ」で、これをガラス原料と一緒に固めたものが高レベル放射性廃棄物。最終処分場は地下300メートルより深い地中の岩盤に建設する。慎重な地質調査が必要なため、候補地応募から操業まで30年以上かかる。

  • 産業廃棄物管理型最終処分場エコパークかごしま(仮称)(2011年08月28日 朝刊)

    公共関与型の処分場で、屋根で覆う被覆型。容量は約84万立方メートル。埋め立て年数は約15年。総事業費は約77億7千万円で、2013年度中の稼働を目指している。

  • 遮断型構造の最終処分場(2012年09月04日 朝刊)

    栃木や宮城、千葉、茨城で建設が計画されている、1キロあたり10万ベクレルを超す汚染廃棄物も処理できるタイプの埋め立て場。県内では約4ヘクタールの敷地面積と想定されている。廃棄物を埋め立てる地下部分を二重のコンクリートで覆い、施設内外の放射線量を常時検査する。敷地内には仮設の焼却炉も設置し、指定廃棄物の搬入が終わった後は、埋め立てた場所をコンクリートや特殊な土で覆い、数十年単位の長期間の監視を続ける。廃棄物は地中に半永久的に残る。

最新ニュース

河村和徳さん

河村和徳氏に聞く 被災地にとっての総選挙(2014/11/26)

 東日本大震災から3年9カ月で2度目の衆院選を迎える。この間、巨額の復興予算が流れ込み、様々な事業が進められてきた。だが今もプレハブ仮設で暮らし、再建の見通しが立たない人は少なくない。被災地にとってこ[続きを読む]

最終処分場をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 河村和徳さん
  • 昨年9月に開かれたサンオノフレ原発の廃炉に関する公聴会=米カリフォルニア州
  • 雪が積もった田代岳の最終処分場候補地=加美町宮崎
  • 市町長会議の冒頭であいさつする望月義夫環境相(左)=9日、宇都宮市昭和1丁目の県公館
  • 調査の準備作業を進めようとする環境省の職員(手前)に抗議する町民たち=27日午後、加美町宮崎、福留庸友撮影
  • 環境省職員(右)に詰め寄る町民ら=24日午前9時46分、宮城県加美町、竹井周平撮影
  • 中四国初の格安航空会社による国内線就航を発表する中村時広知事(左端)=2013年3月14日、県庁
  • 高レベル放射性廃棄物処分施設のイメージ/最終処分場選びの手続き
  • 高レベル放射性廃棄物処分施設のイメージと最終処分場選びの手続き
  • 地元市の担当部長らに県の考えを伝える中島輝夫・県環境生活部長(左)=松戸市

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピングかじかむって何だっけ?

    寒さを忘れるヒーター内蔵手袋

  • ブック・アサヒ・コム最初に世界と出会った本

    興味深い決められない会議

  • 【&M】「アウディS1」に試乗

    4年ぶりに復活したMT車

  • 【&w】“普通”を大切にするということ

    「葉山から、はじまる。」特集

  • Astand出産で休み、ゼロに戻れた

    日本初上演、スワンの一路真輝

  • 写真

    ハフポスト日本版 解読できる?

    世紀の奇書「ヴォイニッチ手稿」

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報