メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

最終処分場

関連キーワード

  • 高レベル放射性廃棄物の最終処分場(2009年03月15日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料からウランなどを再処理工場で取り出すと、放射能レベルの高い廃液が出る。いわば「原発のごみ」で、これをガラス原料と一緒に固めたものが高レベル放射性廃棄物。最終処分場は地下300メートルより深い地中の岩盤に建設する。慎重な地質調査が必要なため、候補地応募から操業まで30年以上かかる。

  • 産業廃棄物管理型最終処分場エコパークかごしま(仮称)(2011年08月28日 朝刊)

    公共関与型の処分場で、屋根で覆う被覆型。容量は約84万立方メートル。埋め立て年数は約15年。総事業費は約77億7千万円で、2013年度中の稼働を目指している。

  • 遮断型構造の最終処分場(2012年09月04日 朝刊)

    栃木や宮城、千葉、茨城で建設が計画されている、1キロあたり10万ベクレルを超す汚染廃棄物も処理できるタイプの埋め立て場。県内では約4ヘクタールの敷地面積と想定されている。廃棄物を埋め立てる地下部分を二重のコンクリートで覆い、施設内外の放射線量を常時検査する。敷地内には仮設の焼却炉も設置し、指定廃棄物の搬入が終わった後は、埋め立てた場所をコンクリートや特殊な土で覆い、数十年単位の長期間の監視を続ける。廃棄物は地中に半永久的に残る。

最新ニュース

EDITORIAL/社説―原発ごみ処分(2015/05/26)

■Radioactive waste disposal a challenge without end?:The government has changed its basic policy on [続きを読む]

最終処分場をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 練習に励む子どもたち=岡山市
  • 講演する菅元首相=南大隅町文化ホール
  • 高浜原発
  • 橘川武郎さん
  • 市町の議員数と報酬月額
  • 門馬好春さん
  • 原発と火力発電にかかる費用

注目コンテンツ