メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 砂川事件最高裁判決(2015年09月03日 朝刊)

    1957年7月に東京都砂川町(現立川市)の米軍基地拡張に反対した学生ら7人が基地に立ち入ったとして、刑事特別法違反の罪で起訴された。東京地裁は59年3月、米軍駐留は憲法9条違反として全員無罪とした。最高裁大法廷は59年12月、(1)憲法9条は自衛権を否定しておらず、他国に安全保障を求めることを禁じていない(2)外国の軍隊は、憲法9条2項が禁じる戦力にあたらない(3)安保条約は高度の政治性を持ち、「一見極めて明白に違憲無効」とはいえず、司法審査になじまないと判断して一審判決を破棄し、東京地裁に差し戻した。

  • 最高裁裁判官の意見(2011年06月19日 朝刊)

    裁判官同士で議論して導いた法廷としての結論は「多数意見」と呼ぶ。多数意見に賛同した裁判官がさらに説明を尽くしたいときは「補足意見」を述べられる。多数意見の結論に反対する裁判官は「反対意見」で理由を説明する。

  • 最高裁長官公邸(2012年07月18日 夕刊)

    所在地は東京都新宿区若宮町。東京、大阪の両中央郵便局などを手がけた建築家・吉田鉄郎氏(1894〜1956)が設計。富山県の資産家が建て、1947年から最高裁が公邸として使ってきた。建築の世界では「馬場氏牛込砺の名で知られ、吉田氏の著書を通じて海外にも紹介されている。

最新ニュース

承認撤回、世論喚起狙う 政権、受け止め冷静 翁長知事表明(2017/3/26)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐって、翁長雄志(おながたけし)知事が25日、埋め立て承認を「必ず撤回する」と宣言した。翁長氏にとって「最大かつ最後の切り札」(県幹部[続きを読む]

最高裁をコトバンクで調べる

写真

  • 抗議集会で、沿道を埋める参加者を前に翁長雄志・沖縄県知事が基地反対を訴えた=25日午前11時51分、沖縄県名護市、金子淳撮影
  • 体外受精による出生児数<グラフィック・高山裕也>
  •   
  • 内田博文さん
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&M】豚肉とレモングラスのフォー

    清原果耶さんのイケ麺

  • 【&w】ガールズパワーが炸裂

    ヴァレリー・フィリップス

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA星組トップ紅ゆずるお披露目

    涼しいマスク、愛嬌ある芸風

  • 写真

    ハフポスト日本版 「笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル」

    イチローの個性的なTシャツ集

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ