メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

朝鮮戦争

関連キーワード

  • 朝鮮戦争(2018年06月14日 朝刊)

    1950年6月、北朝鮮軍が南北の境界となっていた北緯38度線を越えて韓国側に進攻して勃発。米国中心の国連軍が韓国側、中国の人民義勇軍が北朝鮮側でそれぞれ参戦した。53年7月に休戦協定が成立。38度線付近に軍事境界線を設けることや、そこから2キロずつを非武装地帯(DMZ)とすることなどを定めた。国連軍を代表する米国と北朝鮮、中国が署名した。休戦を「終戦」に転換する話し合いが翌年にジュネーブで開かれたが破談。法的には戦争状態のまま現在に至っている。

写真・図版

(動く朝鮮半島)朝鮮戦争、苦難の歩み 休戦から65年 来月、米朝会談 (2018/5/23)

6月12日に予定される米朝首脳会談では、朝鮮戦争で戦火を交えた米朝のトップが初めて顔を合わせる。東西冷戦で生まれた分断国家のうち、ベトナムとドイツは統一を果たし、南北朝鮮のみが残った。休戦から65年近くという長い分断の歴史に、終止符を打て…[続きを読む]

写真・図版

東西冷戦で南北分裂 米中も参戦した朝鮮戦争をおさらい (2018/6/11)

6月12日に予定される米朝首脳会談では、朝鮮戦争で戦火を交えた米朝のトップが初めて顔を合わせる。東西冷戦で生まれた分断国家のうち、ベトナムとドイツは統一を果たし、南北朝鮮のみが残った。休戦から65年近くという長い分断の歴史に、終止符を打て…[続きを読む]

写真・図版

朝鮮戦争を休戦から終戦に 挫折の歴史に訪れた転換点 (2018/6/11)

12日の米朝首脳会談では、65年もの間、休戦状態が続く朝鮮戦争の終結に、道筋をつけられるかにも注目が集まる。4月の南北首脳会談では韓国と北朝鮮が、終戦の実現に向けて、年内にも米国や中国も含めた協議を進めることをうたった。トランプ米大統領は…[続きを読む]

写真・図版

「完全非核化」目標、年内に終戦 南北首脳が板門店宣言 (2018/4/27)

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日、南北の軍事境界線をまたぐ板門店で11年ぶりの首脳会談を行い、朝鮮半島の「完全な非核化」実現を目標に掲げた「朝鮮半島の平和と繁栄、統一に向けた板門…[続きを読む]

写真・図版

有刺鉄線・地雷警告… 平昌から2時間、対北朝鮮最前線 (2018/2/8)

平昌(ピョンチャン)冬季五輪の会場から車を走らせ、北へ2時間。 「あの山を越えれば北朝鮮だ」。運転手が指した先へ山道を進むと、看板が現れた。 「南方限界線 非武装地帯 進入禁止」 銃を手に、迷彩服を着た若い軍人が検問所で待ち構える。許可を…[続きを読む]

金正恩とトランプの「言葉の戦争」をLINE風に紹介

金正恩とトランプ

最新ニュース

休戦協定転換、トランプ氏が正恩氏に約束 米朝会談で(2018/6/19)

 ポンペオ米国務長官は18日、米ミシガン州で講演し、トランプ米大統領が12日の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定を転換するこ…[続きを読む]

写真

  • 中国・大連で5月8日、習近平国家主席(右)と海岸を散歩しながら話し合う金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信
  • 中国・大連で5月、海岸を散歩しながら話し合う習近平国家主席(右)と金正恩朝鮮労働党委員長。中国国営新華社通信が配信した=AP
  • 北朝鮮問題をめぐる米朝首脳会談の結果と中国の立場
  • 日朝関係のこれまで/安倍首相と北朝鮮側の姿勢
  • 核弾頭や核物質の量を示すポスターについて説明する鈴木達治郎センター長=2018年6月13日、長崎市文教町
  • 長田育恵
  • 北朝鮮が間近に見える韓国・京畿道。金網には南北統一の願いが書かれたリボンが結ばれている=13日午後、桜井泉撮影
  • 佐々江賢一郎さん
  • 小此木政夫・慶応大名誉教授=角野貴之撮影
  • 米朝首脳会談、その先には
  • シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで12日に開かれた米朝首脳会談の冒頭、互いに歩み寄るトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長=AFP時事
  • 「包括的な合意」の中身は
  • シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで12日に開かれた米朝首脳会談で共同声明に署名した後、握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=AP
  •   
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ