メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

写真

本屋大賞に恩田陸氏「蜜蜂と遠雷」 直木賞とダブル受賞(04/11)

  全国の書店員が一番売りたい本を投票で選ぶ第14回本屋大賞が11日発表され、恩田陸(りく)さんの小説「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)に決まった。1月の直木賞とのダブル受賞で、恩田さんの本屋大賞受賞は2005年……[続きを読む]

■恩田陸さんの素顔に迫る

関連キーワード

  • 本屋大賞が選ばれる仕組み(2013年04月10日 朝刊)

    書店員が、過去1年間に出た本の中で「お客さんに薦めたい」と思った作品を選ぶ。1次投票で1人3作を選び、上位10作を発表。2次投票はノミネート作品をすべて読み、全作品にコメントを書き、上位3作の順位をつけて投票する。書店員なら、書店用のコード番号をネットで入力してエントリーすれば投票できる。第1回に投票した書店員は1次191人、2次93人だったが、今回は1次598人、2次307人に増えた。

写真

本屋大賞、直木賞と同じ!? 対抗軸として誕生、今年は恩田陸さんW受賞(2017/04/14)

 全国の書店員が売りたい本を選ぶ本屋大賞に、第14回の今年は恩田陸(りく)さんの『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が選ばれた。1月に直木賞に選ばれた作品で、本屋大賞とのダブル受賞は初めて。でも本屋大賞は、直木賞への対抗軸として生まれた経緯があったはず……[続きを読む]

■歴代の「本屋大賞」受賞作品

■朝日新聞の書評欄で紹介した本

■話題作の著者にインタビュー

最新ニュース

朝日川柳 山丘春朗選(2017/4/15)

 散らかせど叱られもせぬ花吹雪(大阪府 首藤媾平) 見てるだけ乗れませんよと花筏(はないかだ)(長野県 川畑哲彦) あの老舗 店員横柄品粗悪(東京都 富山茂雄) 無理ばかり最近道理を見かけない(神奈川[続きを読む]

!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】シックなカラーと使いやすさ

    ル・クルーゼの男性向けモデル

  • 【&TRAVEL】プチぜいたく女子会をお得に

    プレ金特別プラン登場〈PR〉

  • 【&M】子ども記者が軸受生産を取材

    ジェイテクト香川工場〈PR〉

  • 【&w】気になるトイレの見えない菌

    清潔に保つ秘けつとは〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA希望持てる社会を作るために

    エキタス「最低賃金1500円」

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ