メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

札幌市

関連キーワード

  • 札幌市(2010年01月03日 朝刊)

    1909年開業の石材輸送の馬車鉄道に起源を持つ札幌電気軌道を27年に市営化した。利用客は現在1日約2万人。08年度決算では営業損失2億2千万円。

  • 札幌市直下型地震の被害想定(2014年09月08日 朝刊)

    市がまとめた最新の想定によると、地表に表れない隠れた活断層(伏在活断層)の月寒断層が動くと、マグニチュード7・3の地震が発生し、最大震度は7。冬の午前5時に発生した場合、建物倒壊や火災で2050人が死亡。真冬だと、2時間以内に救出できない6184人が凍死し、死者は8千人を超えるとした。

  • 札幌市の後援制度(2017年07月01日 朝刊)

    市秘書課によると、後援制度は1979年には存在し、現在の制度は2004年3月にガイドラインが設けられた。後援を付ける基準として(1)特定の思想、政治的主張、宗教の普及を主目的(2)専ら営利目的(3)特定の者に限定(4)法令または公序良俗違反、の4項目に該当する事業は承認されない。多くの公共施設がイベントのチラシなどを置く基準として、市の後援などを求めるという。「政治的主張」が争点になることが多い。

最新ニュース

連合、容認撤回きょう決定 混乱収拾を優先 「残業代ゼロ」(2017/7/27)

 連合は27日、札幌市で臨時に中央執行委員会(中執委)を開き、専門職で年収の高い人を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の政府案の修正に関する「政労使合意」を見送る方針を正式に[続きを読む]

札幌市をコトバンクで調べる

写真

  • 三役会と中央執行委員会を開く理由を説明する連合の神津里季生会長=26日、札幌市
  • 交換トレードで加入した杉浦投手(右)と握手する栗山監督=帯広の森運動公園
  • 久石ソナさん
  • 連合の神津里季生会長
  • スペシャルライブ『Breath of Life』を開催する武田真治
  • 高橋はるみ知事からの激励の言葉を聞く若者たち=札幌市
  • 「夏休みに楽しみなこと」と題した作文を読み合う児童たち=札幌市東区の東苗穂小学校
  • 残業代ゼロ法案をめぐる連合の意見集約の流れ
  • 羊蹄山を望むグラウンドでウォーミングアップする日本代表の選手たち=倶知安町
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ