メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京大学

最新ニュース

(経済季評)新しい季節に よい出会いも市場の力 松井彰彦(2018/4/21)

 4月は、新しい出会いの季節だ。新入生や新入社員はもちろん、迎える人々も期待と不安が入り交じった気持ちでいることだろう。顔の見える関係を中心とする共同体とは異なり、こうした顔の見えない人同士を引き合わ…[続きを読む]

関連キーワード

  • 東京大学医科学研究所(2008年07月11日 朝刊)

    1892年に細菌学者の北里柴三郎が創立した伝染病研究所を前身とし、生命科学の研究所としては国内最大規模。東京都港区にあり、医学や農学、薬学など大学院の各研究科の学生も受け入れている。付属病院は医学部付属病永文京区)とは独立した施設で、エイズなどの治療に取り組んでいる。

  • 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター(2014年04月24日 朝刊)

    1973年、三陸沿岸の生態系や気象などを研究する共同利用施設として大槌町赤浜に設けられた。設立前から東大の研究グループは大槌湾で調査しており、サケが嗅覚(きゅうかく)を頼りに母川に回帰することを証明するなど、先駆的な研究をしていた。年間のべ約4千人の研究者が訪れていた。震災前は研究者、船舶の技術職員、事務職員、パート職員の計16人が働き、このほか大学院生ら20人以上が研究活動をしていた。震災後も研究者や学生が大槌湾、船越湾などで調査、研究を続けている。

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ