メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京裁判

関連キーワード

  • 東京裁判(2016年05月02日 朝刊)

    第2次世界大戦後、米英などの連合国側が元首相の東条英機ら日本の戦争指導者を裁いた。正式名は「極東国際軍事裁判」。1946年5月3日に開廷し、侵略戦争を行った「平和に対する罪」や捕虜虐待などの「通例の戦争犯罪」、一般市民の虐殺など「人道に対する罪」を審理した。48年11月の判決で、東条ら7人が絞首刑となるなど25人が有罪とされた。

  • 東京裁判(極東国際軍事裁判)(2014年08月15日 朝刊)

    ドイツの指導者を裁いたニュルンベルク裁判にならって連合国が設置した。裁判官は、米、英、仏、ソ連などの11カ国から各1人の計11人で構成された。1946年5月に開廷し、48年11月の判決では、戦争を指導したA級戦犯25人全員に有罪を宣告。うち東条英機元首相ら7人が絞首刑となった。従来の国際法になかった「平和に対する罪」などの類型が加わったことから、あとからつくられた法で裁くのはおかしい、などの批判がある。原爆投下など連合国の行為は問われず、被告の選定基準にもあいまいさがあった。一方、戦争の残虐な実態や軍部の謀略を明らかにした、戦争というものを裁く国際法の流れの先駆けになった、などの評価もある。日本は、主権を回復したサンフランシスコ講和条約(51年調印)で裁判を受諾した。

  • 東京裁判(極東国際軍事裁判)とA級戦犯(2015年08月15日 夕刊)

    日本がポツダム宣言を受諾して敗戦した後、日本の指導者らに対して東京裁判が開かれた。28人が「平和に対する罪」などに問われてA級戦犯とされ、25人が有罪(2人病死、1人免訴)。東条英機元首相ら7人が絞首刑、16人が終身刑、2人が有期刑とされた。通常の戦争犯罪とは別の平和に対する罪などは、連合国が後で作った事後法だという批判もある一方、旧日本軍の虐殺などが明るみに出たという評価もある。

最新ニュース

写真・図版

福岡)第2次上海事変の写真帖 小竹・戦争資料館で展示(2017/12/9)

 中国との戦争が激化するきっかけとなった第2次上海事変(1937年)当時の現地の様子がまとめられた「上海戰線寫眞帖」のパネル展が、小竹町の兵士・庶民の戦争資料館で開かれている。76年前に日米が開戦した…[続きを読む]

東京裁判をコトバンクで調べる

!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ストレスフリーなシェーバー

    ヒゲを吸い取って片付け楽々

  • 写真

    【&TRAVEL】ケアンズ郊外のビーチリゾート

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】目が離せないカワイイおもち

    必見のMV制作の裏側

  • 写真

    【&w】18年春夏パリコレクション

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「基本は農家のおばちゃん」

    重労働と執筆は同時並行だった

  • 写真

    WEBRONZAシンクタンクと民主主義

    日本の民主主義に足りないもの

  • 写真

    アエラスタイルマガジン伝説の店を作った男の物語

    全てを失い一から始めたカフェ

  • 写真

    T JAPANイヴ・サンローランが愛した

    マラケシュに美術館がオープン

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ