メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京都港区

関連キーワード

  • 東京大学医科学研究所(2008年07月11日 朝刊)

    1892年に細菌学者の北里柴三郎が創立した伝染病研究所を前身とし、生命科学の研究所としては国内最大規模。東京都港区にあり、医学や農学、薬学など大学院の各研究科の学生も受け入れている。付属病院は医学部付属病永文京区)とは独立した施設で、エイズなどの治療に取り組んでいる。

  • 覚せい剤(2009年09月09日 朝刊)

    中枢神経を刺激するメタンフェタミンなどの薬物。メタンフェタミンは咳(せき)止め効果のある生薬の麻黄(まおう)の成分から合成される。無臭で白い粉末や透明の結晶など。覚せい剤取締法で定められた薬物は、輸出入、所持、使用などが原則禁じられている。静脈注射や皮下注射の他、アルミホイルなどの上であぶり、昇華した気体を吸うなどの使われ方がある。麻薬・覚せい剤乱用防止センター(東京都港区)によると、覚せい剤を常用すると、幻覚や幻聴、幻臭など五感に異常が現れ、記憶力の低下などが起きる。摂取をやめても、同様の感覚がよみがえったり、不安感や幻覚に襲われる「フラッシュバック」を起こすこともある。

  • まちライブラリー(2015年02月21日 夕刊)

    一般の人が持つ本を集める図書室で、森記念財団(東京都港区)で文化事業に取り組む礒井純充(いそい・よしみつ)さん(56)が提唱。2011年に大阪市内のビルの一室で始まった。店の一画などに開設し、メッセージや感想を書き込むカードをつけ、貸す人と借りる人の交流につなげる狙いもある。全国に約150カ所あるが自宅を開放するタイプは数例という。

最新ニュース

プレゼント マリオン(2016/12/10)

 ■サングリアのスパークリング2種 メルシャンが、新発売の「はじけるギュギュッと搾ったサングリア スパークリング」から、ふくよかな味わいの「赤ワイン×マンゴー&アップル」と華やかな香りが楽しめる「白ワ[続きを読む]

東京都港区をコトバンクで調べる

写真

  • サングリアのスパークリング2種
  • 無罪が確定し、設計図に囲まれて新しい仕事に取りかかる高木直喜さん。「日常を取り戻したい」と語った=石川県野々市市
  • ライトアップされた迎賓館赤坂離宮
  • 無罪が確定し、設計図に囲まれて新しい仕事に取りかかる高木直喜さん。「日常を取り戻したい」と語った=石川県野々市市
  • 個性で競う、街の本屋さん<グラフィック・永井芳>
  • ライトアップされた迎賓館赤坂離宮=9日午後6時47分、東京都港区、杉本康弘撮影
  • イオンが新たに始めた有機食材専門店ビオセボンの麻布十番店。店内で調理した総菜も売られる=東京都港区
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】鯛Phoneづくりはこれで

    片桐仁さん愛用のオーブン粘土

  • 【&TRAVEL】サーファー集まるビーチでランチ

    冬のノース・ショア

  • 【&M】海外メーカーの新型バイク

    EICMA2016外車編

  • 【&w】ラズベリージャムにうっとり

    このパンがすごい!

  • ブック・アサヒ・コムうつむき加減の若者が変わる

    後藤正治の本で読むボクシング

  • WEBRONZA男優だけでお嬢様学園もの

    ド直球の青春コメディ

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ