メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

柏崎刈羽原発

関連キーワード

  • 柏崎刈羽原発(2013年07月06日 朝刊)

    沸騰水型炉の1〜7号機がある。1号機は1985年に営業運転を開始。7基合計の出力821万キロワットは1カ所の原発としては世界最大規模。2007年の中越沖地震の影響で2〜4号機は停止している。震災後は12年3月に6号機が定期検査のために止まって、全基が停止している。

  • 柏崎刈羽原発1・7号機(2011年06月16日 朝刊)

    1号喫出力110万キロワット)は1985年に、7号喫同135・6万キロワット)は97年に営業運転を始めた。2007年の中越沖地震当時は7号機と3、4号機が運転中、2号機が起動中で、いずれも緊急停止。7号機は09年5月に地震後初めて運転を再開したが、燃料棒から放射性物質が漏出するトラブルが起こり同9月に停止した。再開後の10年9月にも燃料漏れを起こし、現在は漏出を防ぎながら運転中。1号機は10年5月に運転を再開した。1、7号機は定期検査が8月から予定されていて、通常2〜3カ月かかる。

  • 柏崎刈羽原発の原子炉許可取り消しを求めた行政訴訟(2012年07月13日 朝刊)

    1号機の原子炉設置許可取り消しを求め、1979年に地域住民たちが当時の通商産業相を訴えた。1、2審で「国の安全審査に不合理な点はない」との判決が出て、上告。その後の2007年に中越沖地震が起きて同原発が被災し、3千カ所以上が壊れるなどしたため、原告側は口頭弁論を開くよう求めたが、最高裁は同地震の発生は「判断を左右するものではない」として、09年に上告を棄却。住民側の敗訴が決まった。

最新ニュース

(社説)新潟県知事選 原発立地の安全論じよ(2016/10/1)

 新潟県知事選が告示された。原子力規制委員会による東京電力柏崎刈羽原発の安全審査が終盤を迎えるなか、再稼働に慎重だった現職の泉田裕彦氏が立候補を見送った。新知事は再稼働に同意するのか、判断を求められる[続きを読む]

写真

  • ガンバローを三唱する候補者の陣営関係者ら=新潟市中央区(選挙カーなどにモザイクをかけています)
  • ガンバローを三唱をする陣営支持者ら=新潟市中央区(選挙カーなどにモザイクをかけています)
  • 知事選の広告看板を設置する作業員=新潟市中央区
  • 新潟県知事と原発
  • 答弁する泉田裕彦知事=県議会
  • インタビューに応じる泉田裕彦知事=7日午後、新潟県庁、田中恭太撮影
  • インタビューに応じる泉田裕彦知事=7日午後、新潟市中央区の新潟県庁、田中恭太撮影
  • 集会が終わると、参加者らはデモ行進に出発した=柏崎市
  • 泉田裕彦知事
  • 会見で質問に答える泉田裕彦知事=8月31日、新潟県庁

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ワインにも日本酒にも

    クリームチーズのみそ漬け

  • 【&TRAVEL】若冲ゆかりの地で代表作を

    京都・承天閣美術館

  • 【&M】徳川家康のふるさと・岡崎

    目からウロコの旅プラン満載!

  • 【&w】とれたて小麦の香りを食卓へ

    新麦コレクションのパン教室

  • ブック・アサヒ・コム映画人・山口雅俊が語る漫画

    「闇金ウシジマくん」の魅力

  • WEBRONZA高畑氏弁護人コメントに疑問

    「事実関係」知らないのは奇妙

  • 写真

    ハフポスト日本版 華麗 前田敦子の花魁姿

    落語の演目「お見立て」の役

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ