メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

柏崎市

関連キーワード

  • 東京電力柏崎刈羽原子力発電所(2009年04月08日 朝刊)

    新潟県柏崎市と刈羽村にまたがり、約420万平方メートルの敷地に沸騰水型炉(BWR)5基、改良型沸騰水型炉(ABWR)2基の計7基がある。85年9月に1号機が運転を開始。7基の合計出力は821・2万キロワットで、1カ所の発電所としては世界最大。07年7月の中越沖地震で運転中の4基が緊急停止した。

  • 安全協定(2014年09月27日 朝刊)

    柏崎刈羽原発稼働前の1983年、東京電力と県、柏崎市、刈羽村が住民の安全を守ることを目的に締結。施設の新増設や変更時は、事前に県などの了解を得るといった19項目を定める。6、7号機の審査申請を巡り、東電がフィルター付きベントの設置工事を県の了解を得ずに進め、泉田裕彦知事が反発。申請承認の際、県は「ベント設備は地元の避難計画との整合性を持たせ安全協定に基づく了解が得られない限り使用できない」との条件をつけた。

  • 山崎弁栄(2012年04月08日 朝刊)

    1859(安政6)年、旧鷲野谷村(現・柏市)で豪農の長男として生まれる。21歳で出家、弁栄の名を受ける。松戸市の善光寺で本格的な布教活動を始め、インドの聖地も訪問。1918(大正7)年、相模原市の寺の住職に迎えられ、翌年、光明学園(現・相模原高校)を設立。20年、布教先の新潟県柏崎市の寺で死去。

最新ニュース

東電柏崎刈羽原発で火災(2017/2/24)

 東京電力は23日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)6、7号機のサービス建屋2階のロッカー室で、火災が発生したと発表した。同日午後3時20分過ぎ、火災報知機が鳴り、同原発の職員が119番通[続きを読む]

柏崎市をコトバンクで調べる

写真

  • 白煙が確認された柏崎刈羽原発。消防車両が見えた=23日午後6時、新潟県柏崎市、朝日新聞社機から、諫山卓弥撮影
  • 法被姿で「立春朝搾り」のラベルを貼る酒販店主ら=柏崎市新橋の原酒造
  • ガスタービン発電機車の説明を受ける米山隆一知事(中央)=東京電力柏崎刈羽原子力発電所
  • 「糸魚川荒波あんこう祭り」では、つるし切りも披露された=いずれも22日、新潟県糸魚川市、関田航撮影
  • 「糸魚川荒波あんこう祭り」では、つるし切りも披露され、多くの人たちが集まり見入っていた=22日午前、新潟県糸魚川市、関田航撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】バルミューダ製品が当たる

    読者アンケート&プレゼント

  • 【&TRAVEL】10代のあどけなさと輝き

    「舞妓と町家」

  • 【&M】金は安定した資産として注目

    豊島逸夫と星野真里が語る

  • 【&w】アカデミー賞、もうすぐ本番

    栄冠の行方は…候補を紹介

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA芸能界の異常な労働環境

    清水富美加さん出家騒動

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず二度見

    東京マラソンの個性派ランナー

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ