メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核兵器禁止条約

日本政府、核禁条約にふれぬ方針 国連への核廃絶決議案 (2017/10/12)

日本政府が国連総会に毎年提出している核兵器廃絶決議案で、今年のノーベル平和賞の授与理由となった核兵器禁止条約に言及しない方針であることが12日、分かった。核廃絶や核軍縮に関する表現が従来より弱まる一方、北朝鮮を批判し、安全保障を重視する内…[続きを読む]

最新ニュース

条約全文、署名50カ国

写真・図版

核廃絶へ署名515万4866筆 国連に提出へ (2017/10/3)

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)などでつくる市民団体「ヒバクシャ国際署名連絡会」は9月29日、都内で会見し、すべての国に核兵器禁止条約の締結を求める署名が515万4866筆に達したと発表した。10月初めにも軍縮などを担当する国連総…[続きを読む]

写真

【外部リンク】ヒバクシャ国際署名とは 別ウインドウで開きます

 ヒバクシャ国際署名は昨年4月、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)などが始め、各国の団体が共同で取り組んでいる。署名に関する説明や手順はこちら[外部リンク]別ウインドウで開きます

「核なき世界へ」条約採択

【動画】「核兵器は法律にも反する」被爆者の願い、世界動かす(2017/07/08)

 条約採択の興奮の余韻が残る米ニューヨークの国連本部。カナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)は広島、長崎で被爆した人々への思いを、ゆっくりと力強い声で語った。「私はこの日を70年以上待ち続けていました」…[続きを読む]

米NYで交渉再開

【動画】おりづるに核廃絶の思いを託し…被爆者らパレード(2017/06/17)

 核兵器禁止条約の交渉会議が再開した国連本部のある米ニューヨークで現地時間の17日、各国のNGOが参加する「核兵器を禁止する女性行進」が催されるのに合わせ、日本各地でも核廃絶を求めるパレードがあった。…[続きを読む]

連載:核禁止条約への道

日本「不参加」表明

写真・図版

あなたがここにいてほしい…核禁止条約の日本席に折り鶴(2017/3/29)

「あなたがここにいてほしい」――。こんな英語のメッセージが…[続きを読む]

被爆者ら落胆・怒り

【動画】「日本は頼りない国」 核廃絶訴えたサーロー節子さん(2017/03/30)

  米ニューヨークの国連本部で開かれた「核兵器禁止条約」の交渉会議で3月28日、カナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)が演説した。その後に朝日新聞など報道陣に思いを語った。日本の交渉への不参加への痛烈な批判も。…[続きを読む]

俳優・作家・政治家…あの人も発信

被爆国・日本の立場は

ヒバクシャ国際署名の動き

関連サイト(外部リンク)

これまでの経緯

写真・図版

(@ハーグ)核めぐる法整備、日本も貢献を (2016/10/11)

■特派員リポート 吉田美智子(ブリュッセル支局長) 「核保有国が核軍縮の義務を果たしていない」 かつて米国などの核実験の場となった南太平洋の島国、マーシャル諸島共和国がこう主張して、核保有国を訴えた。だがオランダ・ハーグの国際司法裁判所(I…[続きを読む]

関連キーワード

  • 核兵器禁止条約(2017年06月15日 朝刊)

    核兵器の開発や使用を禁止する条約。3月に米ニューヨークの国連本部で前半交渉があった。5月に公表された原案は、前文に「ヒバクシャの苦難を心に留める」と盛り込んだ。交渉会議の議長は今月15日〜7月7日の後半交渉で成案をまとめる意向。核保有国や核の傘に頼る日本政府などは交渉に参加していない。

フォトギャラリー

  • 原爆ドーム、世界遺産20年

    原爆ドーム、世界遺産20年

    普段は立ち入り制限されている原爆ドーム内部にカメラが入った。朝日新聞所蔵の貴重な過去写真も

  • ヒロシマ カメラの証言

    ヒロシマ カメラの証言

    朝日新聞記者が原爆投下直後の広島で撮影した街や人々の惨状。戦後70年を機にデジタル処理でネガを修復、公開した

最新ニュース

衆院選、8党の公約(要旨)(2017/10/21)

 ■自民  《憲法》 現行憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三つの基本原理は堅持しつつ、憲法改正をめざす。国民の幅広い理解を得つつ衆参の憲法審査会で議論を深め、各党とも連携し、自衛隊の明記、…[続きを読む]

核兵器禁止条約をコトバンクで調べる

写真

  • 献花する参列者たち=松江市学園南1丁目
  • 「核」をめぐる主な発言
  • セバスティアン・クルツさん
  • 岐阜総局・吉川真布
  • 原爆死没者を悼み、献花する人たち=神戸市中央区橘通3丁目
  • 社会社説担当・加戸靖史
  • 日本外国特派員協会で会見するピースボートの川崎哲共同代表=東京都千代田区、阿部健祐撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ