メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核燃料サイクル

関連キーワード

  • 核燃料サイクル(2016年01月28日 朝刊)

    原発から出た使用済み核燃料を再処理して、再び燃料に使う仕組み。日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で、使用済み核燃料からプルトニウムとウランを取り出す。加工工場(同)で混合酸化物(MOX)燃料にし、再び原発で使う。使用済み燃料から取り出したプルトニウムを再利用する高速増殖原型炉「もんじゅ」はトラブルが続いて運転の見通しが立たず、運営の見直しが迫られている。

  • 核燃料サイクル関連施設(2012年03月19日 夕刊)

    原子力発電所でウランを燃料に利用した後、使用済みの核燃料を再利用する計画に関わる施設。「再処理工場」(青森県)や「MOX燃料加工工場」(同)、「ウラン濃縮工場」(同)などがある。再処理工場でプルトニウムを取り出し、MOX燃料工場で加工する。MOX燃料は本来、「高速増殖炉」に使う構想だったが、原型炉「もんじゅ」(福井県)の事故もあり、ふつうの原発で使うプルサーマル計画が進められた。

  • 核燃料サイクル政策(2013年11月18日 朝刊)

    国内の原発で使い終えた核燃料はすべて、プルトニウムを取り出す「再処理」をして再び燃料として使うことになっている。青森県六ケ所村で日本原燃が再処理工場を造って1997年に完成する予定だったが、トラブルなどで今も完成していない。政府は、再処理後に出る「核のごみ」(高レベル放射性廃棄物)はガラスで固めて300メートルより深い地下に埋める最終処分をすることにしている。

最新ニュース

日本記者クラブ記者団に2015年に公開された北欧スウェーデンの高レベル放射性廃棄物処分の地下研究施設。同国は2020年代の処分場操業を目指しており、フィンランドとともに世界でも処分の実用化に向けたトップを走る

(核リポート)10万年埋める核のごみ、候補地どこへ(2016/08/24)

 原子力発電所の運転で生じる核のごみ(高レベル放射性廃棄物)の地層処分について、経済産業省は年内に科学的に有望だとする場所を示す方針だ。負の遺産を後世に残さないよう地層処分するのが原発の恩恵を受けた現[続きを読む]

写真

  • 日本記者クラブ記者団に2015年に公開された北欧スウェーデンの高レベル放射性廃棄物処分の地下研究施設。同国は2020年代の処分場操業を目指しており、フィンランドとともに世界でも処分の実用化に向けたトップを走る
  • 再稼働した四国電力伊方原発3号機(手前)=12日、愛媛県伊方町、本社ヘリから
  • 再稼働された伊方原発3号機(右)=12日午後0時3分、愛媛県伊方町、井手さゆり撮影
  • 再稼働した四国電力伊方原発3号機(左下)=12日午前9時58分、愛媛県伊方町、朝日新聞社ヘリから、上田潤撮影
  • ロバート・ガルーチさん
  • 国別の核兵器保有数
  • 「もんじゅ」=福井県敦賀市
  • 存続が揺れる高速増殖原型炉「もんじゅ」
  • JR川内駅の東口にある会議施設の建設予定地=鹿児島県薩摩川内市
  • セカル・バス氏=貫洞欣寛撮影
  • もんじゅ勧告の流れ
  • もんじゅ勧告の流れ

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】象牙色の魅力を現代に復刻

    Buyer's,Select

  • 【&TRAVEL】アフリカの“戦士”

    女性写真家が裸で撮影する理由

  • 【&M】「ザガート ヴォランテ」

    99台限定のオープンモデル

  • 【&w】朝ドラの現場で学んだ極意

    高畑充希、まだまだ進化中

  • ブック・アサヒ・コム浅利慶太インタビュー

    「李香蘭」を企画・構成・演出

  • WEBRONZAヒトの心臓を持つ豚は人間か

    キメラ動物、iPS細胞の課題は

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ